どこまでも、どこどこまでも、果ての果てまで、断固として、徹頭徹尾、徹底的に便所の落書きですよ。なんだか全体的に右に曲がっているように見えますけど、気にしないでくださいね。ただの癖ですから。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小沢か糠床か

首相に対抗、敗れたら離党も…代表選で異例発言
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/
20100823-OYT1T00955.htm
西岡参院議長は23日、国会内で臨時の記者会見を開き、9月の民主党代表選に関し、「(首相に)対抗する候補者は相当の覚悟が必要だ。首相を蹴(け)落とそうとするのだから、敗れた場合、党を去ることも選択肢に入る」と述べた。また「敗者に党の要職や閣僚ポストが与えられる仕掛けは茶番劇だ。政権政党が、甘っちょろい党内の陳腐な就職運動劇をしている余裕は断じてない」と指摘した。政府・民主党役員人事での処遇を期待した候補擁立の動きをけん制したものと見られるが、政党会派を離脱中の議長が政党の党首選に言及するのは極めて異例だ。西岡氏は民主党所属国会議員として代表選の投票権は持っているが、自身は代表選で「投票する考えはない」とも述べた。西岡氏は民主党出身で、旧自由党時代には、今回の民主党代表選で、菅首相の対抗馬として擁立論が出ている小沢一郎前幹事長と行動を共にした。23日の記者会見では、小沢氏の出馬の是非について自らの考えを明らかにしなかった。


代表選後の人事「挙党一致は茶番劇」西岡参院議長が批判
http://www.asahi.com/politics/update/0823/
TKY201008230431.html
西岡武夫参院議長は23日、国会内で記者会見し、9月の民主党代表選後に敗れた候補者を党の要職や閣僚ポストで処遇することについて「挙党一致でも何でもない、茶番劇である」と批判した。 西岡氏は現職首相の対抗馬として立候補することには「相当の覚悟が必要。現政権の理念と基本政策に異論を唱えるからには、党を去ることも選択肢に入る」と指摘。そのうえで代表選後の人事で党内融和を図ることを「政権党が甘っちょろい党内の陳腐な就職運動劇をしている余裕は断じてない」と強調した。 西岡氏は18日の朝日新聞のインタビューで「小沢さんが代表選で戦ってしまうというのがすっきりしている」と述べ、小沢一郎前幹事長の立候補を求めた。ただ、この日の会見では「小沢さんがどうだということではない」と一般論であるとした。一方、自らは参院議長として参院民主党会派を離脱中であることを理由に、「(代表選では)投票しない」と明言した。

[ 2010/08/24 21:28 ] 民主党 | TB(0) | CM(0)

送り込まれ?働かされて?死亡した民間徴用者

朝鮮半島からの民間徴用者 42人の遺骨、遺族を確認
http://www.asahi.com/international/update/
0822/TKY201008220289.html
戦時中、植民地統治下の朝鮮半島から日本の炭鉱や工場に送り込まれ、働かされて死亡した「民間徴用者」とみられる遺骨のうち、42体の遺族が韓国内で確認された。ただ、日本各地に保管されているこうした遺骨は2千体を超えており、戦後65年という時間の壁もあって身元確認や遺族捜しは難航している。 朝鮮半島出身の民間徴用者をめぐっては、2004年12月の日韓首脳会談で、当時の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が小泉純一郎首相に遺骨の確認や返還を要請。翌05年から厚生労働省を中心に調査を始めた。同省人道調査室によると、日本各地の寺院や納骨堂などから情報が寄せられた遺骨の数は、今年7月末までで計2643体。同省は現場で調査を続けており、これまでに765体については朝鮮半島出身者と確認したが、560体は出身者と確認できなかったという。 日本政府はこれらの情報を韓国側に提供。韓国政府機関の「対日抗争期強制動員被害調査及び国外強制動員犠牲者等支援委員会」が遺骨の身元確認を進めた結果、これまでに遺骨の名前や生年月日、本籍地の記録などから42体の遺族が確認された。21体については身元は確認されたが、遺族がどこにいるのか分からないという。 同委員会は調査を続けているが、作業は困難を極めている。複数の遺骨が合葬されている例があるほか、提供された情報に名前や生年月日、本籍地など身元の特定に必要な情報が欠けているケースが少なくないためだ。 22日の韓国併合条約締結100年を前にした菅直人首相の談話は、遺骨返還への支援に触れた。だが、日本政府は旧日本軍の軍人・軍属の遺骨返還は続けているものの、民間徴用者については返還事業を実施したことはない。日韓の市民団体など民間レベルの取り組みがあっただけだ。 今回の調査で確認された遺骨の返還については日韓の当局者間で協議が続けられているが、韓国政府機関の担当者呉日煥(オ・イルファン)さん(41)は「遺族も高齢化しており、日本政府の責任で一日も早く遺骨を返してほしい」と話している。(中野晃)




こんな記事を垂れ流す朝日新聞の記者は
朝日新聞に“送りこまれ”、記事を“書かされて”
いるんぢゃないかと心配になります。

この記者も強制的に“働かされた”挙句の果てに
死亡するんぢゃないかと。

まあこの遺骨も金に化けるんですよね、結局。

在日にもひとりいくらって金をつけたら
やつらは在日を返せって言うんぢゃないでしょうか?


私もその昔に、業務命令で外国に“送りこまれ”、
休みもなく、安月給で“働かされて”
死にそうな思いをしたことがあります。

なんていうことを書いたら当時の社長は怒るでしょうし
私の人間としての信頼も失ってしまうでしょう。

20年以上前の当時は国際電話も1分何百円もかかり
ネットもメールもありませんでした。

彼の地に骨を埋める覚悟で旅立ったことを思い出します。


[ 2010/08/23 21:31 ] 韓国 | TB(0) | CM(0)

ヒュンダイのメディア批判

タダの野次馬 この国の新聞・テレビ
http://gendai.net/articles/view/syakai/125954
小沢一郎は必要なのか 不必要なのか
小沢一郎が駆けつけた鳩山研修会には、アホみたいに報道陣が集まった。TVクルーは研修が行われた軽井沢プリンスホテルと、懇親会が行われた鳩山別荘に別々に待機。夕方のニュース用とワイドショー用と複数の取材班を派遣した局もある。その数、1社平均50人。新聞も含めれば、何百人もの報道陣が軽井沢に集結したのである。あるTV局のスタッフは「今年最大だね」と言っていたが、この騒ぎは何なのか、と言いたくなる。新聞・TVはこぞって、小沢の出馬を期待する国会議員の声を垂れ流し、民主党内政局を煽っていたが、ちょっと待って欲しい。新聞・TVはこれまでずっと、小沢を犯罪人扱いし、幹事長辞任を迫り、政界からの追放に血道を上げてきたのである。それが一転、「代表選に意欲」とか書いて、面白がる。鳩山研修会に大報道陣を派遣し、お祭り騒ぎ報道を繰り広げる。小沢を政局の最重要パーソン扱いなのである。あまりにも身勝手、いい加減。これじゃあ、野次馬と同じじゃないか。現地で取材したジャーナリストの横田一氏も驚いていた。「小沢氏はメディアによる政治とカネの執拗な追及を受け、辞任した。それなのに、菅首相は余計な消費税発言で小沢氏の辞任を選挙に生かせなかった。そのくせ、選挙に負けたのを政治とカネのせいにしているのですから最悪です。官僚に取り込まれた菅政権は政治主導の旗を下ろし、有権者からも政権交代の意義が問われている。こうした流れをきちんと報じれば、出馬に意欲を見せる小沢サイドの正当性がハッキリするのですが、その検証すらせず、ただ、小沢VS.菅の対立構図を煽っている。この国の新聞・TVは、あまりにも無責任で、扇情的です」いま、マスコミに求められているのは、この国の政治に小沢一郎という政治家が必要なのか否かという検証だ。不要ならば、小沢の代表選出馬を切り捨てればよい。必要なのであれば、これまでの報道姿勢を全面的に改め、懺悔(ざんげ)すべきだ。新聞・TVこそが、この国の政治を混乱させた元凶なのだ。「ねじれ国会を前にして、現実に政治を動かせる政治家がどれだけいるのか。代表選という数の勝負で、誰が一番、票を動かせるのか。首相をコロコロ代えてはならない、という一点だけで、権力にしがみついている菅首相ではあまりに心もとないのは明らかです。小沢氏は環境が整えば出る。環境とはメディアがきちんと小沢氏の考え方を伝えることです」(政治ジャーナリスト・野上忠興氏)小沢サイドは代表選に向けて最大の障害は「いい加減なメディア」とみている。この国の民主主義にとって不幸なことだ。




いやーカッコいいよ、ヒュンダイさん。

本当にヒュンダイさんのおっしゃる通り
この国の新聞・メディアはタダのヤジ馬です。

もちろんヒュンダイさんもその中に入ってます。
というか最前線にいますよ。

ヒュンダイの小沢ラブが高じてのメディア批判ですから
生温かく見守りましょう。


[ 2010/08/20 17:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

議員会館で売国奴の集会

民主代表選「出馬」最終判断は 沈黙続く原口氏 25日に勉強会
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100818/
plc1008182119011-n2.htm
9月の民主党代表選をめぐり、原口一博総務相が自身の出馬について沈黙を守り続けている。知名度の高い原口氏への期待感は党内にあるが、自前のグループを持たない同氏には「担ぎ手」となる党内グループの支援が不可欠。25日夜には若手議員を集めた会合を開く予定だが、再選を目指す菅直人首相(党代表)を支えるべき閣僚でもあり、ぎりぎりまで党内情勢を見極めて最終判断する構えのようだ。「民主党は今、結党以来の危機にある。今度(の代表選)は見送るとか、次のチャンスをみようという、のんきなことではだめだ」7月末に都内で開かれた会合。旧知の政界関係者から代表選出馬を促されると、原口氏は「真剣に考えてみます」と答えた。原口氏を佐賀県議時代から知るこの関係者は「今は閣僚の一員だから何らかの意思表示や行動はできないが、必ず立ち上がるとの手応えがあった」と振り返る。だが、原口氏自身は記者会見などで自らの出馬について「私は、閣僚だから言う立場にない」と明言を避け続けている。8月末には総務相として取り組む平成23年度予算の概算要求が控える。原口氏は、政府が基準として示した各省予算一律1割削減を上回る「2割削減」を掲げて省内を督励している最中で、現政権の下で自ら手がけた改革に道筋をつけたいとの思いものぞく。15日のテレビ番組では、「そんなにすぐ首相を代えていいのか」と首相続投支持を示唆する一方、対抗馬擁立を模索する小沢一郎前幹事長を「小沢一郎さんという大きな鉈(なた)を使わないで、この困難な時期を(乗り切ることが)できるのか」と持ち上げてみせた。首相と小沢氏双方を気遣う言動に党内からは「結局、原口氏はどっちに転ぶか分からないラグビーボールのような人だ」と厳しい視線も向けられている。鳩山由紀夫前首相辞任に伴う6月の代表選では小沢氏側近からの出馬打診を断った経緯もあり、小沢グループ内で原口氏擁立論はほとんど聞かれない。こうした中、原口氏周辺は、衆参両院の1回生議員を集めて3月に発足させた総務相勉強会の約50人に「暑気払い」を名目に会合の案内を送った。原口氏自身の出欠には言及していないが、会合日時は8月25日夜。代表選告示を1週間後に控えたタイミングで、原口氏がどういう対応を示すのか注目される。




ウラで離党勧告まで画策されたうえに
チルドレンにも手を出された小沢は
カン憎しの思いをつのらせていることでしょう。

小沢は出馬はしたいが世論がそれを許さないという状況です。

そこに原口が助け船を出したわけです。

原口が出馬することは小沢にはメリットだけで
デメリットはありません。

もし小沢が出馬する場合、カンと小沢の一騎打ちよりは、
三つ巴の戦いのほうがメディアも世論も
小沢に対する風当たりは弱まります。

もちろん小沢が原口を担いでもいいわけです。
原口はだいぶ前から小沢を重要ポストで起用すべきだと
言ってきましたからね。

そして、原口が出馬を仄めかしただけで
カンも原口に配慮せざるを得なくなります。

小沢とカンの両方を引き寄せることができますから
どう転んでも、次へ繋がる一手です。

原口という男はなかなか侮れません。


そろそろカンがらみのスキャンダルでも
出てきておかしくないころだと思うんですけどね。
よろしくお願いします。


[ 2010/08/19 20:45 ] 韓国 | TB(0) | CM(0)

菅直人の言霊力

菅首相「足の引っ張り合いだけでは」
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/
100817/plc1008170942007-n1.htm
菅直人首相は16日、ねじれ国会への対応に関連し、戦前の二大政党による政党政治を引き合いに「足を引っ張り合うばかりで政治の機能を果たせなくなるのか。与野党を超えた政党政治が問われている」と述べ、野党を牽制(けんせい)した。首相官邸で記者団に語った。首相は、昭和初期の政友会と民政党による政党政治が五・一五事件によって終焉(しゅうえん)した歴史をひもとき、「当時も民主主義が定着するかという期待もあったが、2つの政党がスキャンダル合戦とか、軍部をひきこむようなことをやって自己崩壊した」と指摘。野党からは「かつての民主党の姿勢を棚上げしている」との批判も上がりそうだ。




私は菅直人を怖れています。
彼の類まれなるコミックセンス以上に私が恐れているのは

菅直人の言霊力なんです。

ネットではブーメランと呼ばれることが多いですが
その本質は言霊です。

もし私が恐れるような言霊力を菅直人が持っているとしたら
日本はとんでもない時代に突入......


[ 2010/08/17 21:15 ] 中国 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

malt vinegar

Author:malt vinegar
神奈川在住の男性。テレビはチャンネル桜、新聞は産経ネットビューしか見ない。そんな私も若いころは左巻き。未来は現在においてつくられる。

クリック募金
クリックで救える命がある。
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
産経・読売ニュース
最新記事
中吊り
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。