どこまでも、どこどこまでも、果ての果てまで、断固として、徹頭徹尾、徹底的に便所の落書きですよ。なんだか全体的に右に曲がっているように見えますけど、気にしないでくださいね。ただの癖ですから。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小沢の復讐を怖れる菅

在特会幹部ら、京都府警が聴取へ 朝鮮学校授業妨害容疑
http://www.asahi.com/national/update/
0809/OSK201008090160.html
京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)の前で、「日本から出て行け」などと拡声機で叫んで授業を妨害するなどしたとして、京都府警は、在日特権を許さない市民の会(在特会、本部・東京)の幹部ら数人から、威力業務妨害などの疑いで近く事情聴取する方針を固めた。 捜査関係者によると、在特会幹部らメンバー約10人は昨年12月4日昼、同初級学校の周辺で1時間近くにわたり、拡声機を使って「日本人を拉致した朝鮮総連傘下」「北朝鮮のスパイ養成所」「日本から出て行け。スパイの子ども」などと怒鳴り、授業を妨害した疑いなどが持たれている。 在特会のホームページによると、在特会は、同初級学校が、隣接する児童公園に朝礼台やスピーカー、サッカーゴールを無断で設置して「不法占拠」をしていると主張。これらを撤去したうえで街宣活動をしたとしている。在特会側は街宣の様子を撮影し、動画投稿サイト「ユーチューブ」などで流していた。 学校側は昨年12月末、威力業務妨害や名誉棄損の疑いなどで府警に告訴。その後も街宣活動があったため、今年3月に街宣の禁止を求める仮処分を京都地裁に申し立て、地裁は学校周辺で学校関係者を非難する演説やビラ配りなどの脅迫的行為を禁じる仮処分を決定した。さらに学校側は6月、在特会と街宣活動をしたメンバーらを相手取り、街宣の禁止と計3千万円の損害賠償を求めて提訴している。 京都市などによると、同初級学校は約50年前から、市が管理する児童公園を運動場代わりに使用。市は昨春以降、市の許可を得ていないとして設備の撤去を求めてきた。府警は、学校側の関係者についても、都市公園法違反容疑で立件するかどうか検討するとみられる。昨年12月の街宣活動に参加した在特会メンバーの一人は、朝日新聞の取材に「公園の無断使用は許されない。自分たちはマイク一つで、ぎりぎりの範囲でやってきた。見る人が見たら共感してくれる」と話している。 在特会(桜井誠会長)は2006年に発足。在日韓国・朝鮮人の特別永住資格は「特権」と批判し、全国各地でデモ活動などを続けている。ホームページによると、全国に26支部あり、会員は9千人以上いるという。




この在特会っていうのはどーでもいい連中です。

朝鮮学校無償化についての事件と思いがちですが、
この事件は小沢一郎とリンクしていますね。

そもそも小沢が検察審査会にかけられたのは
在特会が小沢の不起訴に不服申し立てをしたからです。

その申立人が容疑者になり、犯罪者になると。

つまり、今回の件は小沢不起訴への布石であると
考えるのが妥当でしょう。

小沢復権となれば、それはそれでおもしろいです。

まあ、自民党が浮かび上がる目はありませんから
しばらくは小沢とヨシミが政局の中心です。

下の記事と合わせてみるとなかなか味わい深いです。



菅が踏んだ“虎の尾”とは…小沢激怒、ホントの理由
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/
20100810/plt1008101619003-n2.htm
9月の民主党代表選に向け、小沢グループなど反菅陣営の動きが活発化している。参院選大敗や菅直人首相(63)による独断的なマニフェスト修正の動きなどがその大きな理由だが、背景には党執行部から小沢一郎前幹事長(68)らを排除した怒りがあるのは間違いない。だが、民主党関係者の1人は「小沢氏側が本当に激怒して本格的な権力闘争に発展したのは、参院選大敗後の菅首相サイドのある行動が原因だ」と打ち明ける。果して、どんな虎の尾を踏んでしまったのか。「第1検察審査会は先月15日午後、小沢氏について『起訴相当』より軽い『不起訴不当』の議決を公表した。同じ日の午前中、菅首相は公邸から官邸に入る時間を2時間も遅らせた。この異例の行動がクセものだった」民主党関係者はこう吐き捨てる。小沢氏の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で、第1検審は2007年分を審査。04、05年分については東京第5検審が4月に「起訴相当」の議決をしており、第1検審も「起訴相当」となれば、小沢氏への世論の風当たりはより一層厳しくなったのは想像に難くない。こうした中、菅首相周辺が不穏な動きをしていたという。前出の関係者が語る。「直前の参院選(先月11日投開票)で、菅民主党は改選前から10議席減、自民党に改選第1党を奪われる大惨敗を喫した。内閣支持率も60%台から1カ月で30%台まで下落し、『菅首相は(代表選までの)余命60日』といわれた。何か、起死回生の策が必要だった」「菅首相周辺は、6月の組閣直後の支持率が60%台と高かった理由を『脱小沢・反小沢布陣』を敷いたためと分析していた。そこで、小沢氏に『起訴相当』の議決が出た場合、菅首相が電光石火で離党勧告を行い、支持率回復につなげようという準備が進められていたようだ」確かに、菅首相周辺には「反小沢」の重鎮、仙谷由人官房長官(64)や、「反小沢」の急先鋒、枝野幸男幹事長(46)らがいる。「政治とカネ」の問題を引きずり、悪役イメージの強い小沢氏を党から追放できれば、菅首相は拍手喝采を浴びる-という計算だったのか。検審はメンバーも日程も非公開で、永田町でも「7月中には第1検審の議決が出るのではないか」と伝えられていた程度。しかし、「議決結果までは不明だが、公表日時は事前に首相官邸に伝えられていたらしい」(官邸周辺)。ただ、結果的に、第1検審による小沢氏への議決は「起訴相当」より軽い「不起訴不当」で、この奇策は先送りとなったというのだ。当時、菅首相は公邸入りが異例に遅れた理由について、「いろいろ手紙を読んだりしていた」と記者団に語り、「引きこもり」「もはや首相をやる気が失せたのでは」など、さまざまな憶測を呼んだのは記憶に新しいところ。その後、しばらくして小沢氏側はこうした官邸サイドの動きを把握。「表では『会っておわびしたい』といいながら、裏で政治生命を断とうとするとは…。菅、許すまじ」「東京地検特捜部の小沢氏への判断はあくまで不起訴。魔女狩り的な検審の議決をもとに、政権交代の大功労者を追放してはならない」など、菅首相周辺に対する怒りが静かに広がっているという。策士策におぼれるという言葉があるが…。








ポチッで救えるブロガーがいる。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2010/08/11 21:10 ] 小沢 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

malt vinegar

Author:malt vinegar
神奈川在住の男性。テレビはチャンネル桜、新聞は産経ネットビューしか見ない。そんな私も若いころは左巻き。未来は現在においてつくられる。

クリック募金
クリックで救える命がある。
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
産経・読売ニュース
最新記事
中吊り
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。