どこまでも、どこどこまでも、果ての果てまで、断固として、徹頭徹尾、徹底的に便所の落書きですよ。なんだか全体的に右に曲がっているように見えますけど、気にしないでくださいね。ただの癖ですから。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本の過去と未来を傷つける内閣

【日韓併合首相談話】全文「韓国は誇り傷付けられた」…
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100810/
plc1008101141007-n1.htm
政府は10日午前、日韓併合100年に併せた首相談話を閣議決定し発表した。首相談話では、日本による韓国の植民地支配に対し「多大の損害と苦痛に対し、ここに改めて痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明いたします」と明記した。談話の全文は以下の通り。

本年は、日韓関係にとって大きな節目の年です。ちょうど百年前の八月、日韓併合条約が締結され、以後三十六年に及ぶ植民地支配が始まりました。三・一独立運動などの激しい抵抗にも示されたとおり、政治的・軍事的背景の下、当時の韓国の人々は、その意に反して行われた植民地支配によって、国と文化を奪われ、民族の誇りを深く傷付けられました。私は、歴史に対して誠実に向き合いたいと思います。歴史の事実を直視する勇気とそれを受け止める謙虚さを持ち、自らの過ちを省みることに率直でありたいと思います。痛みを与えた側は忘れやすく、与えられた側はそれを容易に忘れることは出来ないものです。この植民地支配がもたらした多大の損害と苦痛に対し、ここに改めて痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明いたします。このような認識の下、これからの百年を見据え、未来志向の日韓関係を構築していきます。また、これまで行ってきたいわゆる在サハリン韓国人支援、朝鮮半島出身者の遺骨返還支援といった人道的な協力を今後とも誠実に実施していきます。さらに、日本が統治していた期間に朝鮮総督府を経由してもたらされ、日本政府が保管している朝鮮王朝儀軌等の朝鮮半島由来の貴重な図書について、韓国の人々の期待に応えて近くこれらをお渡ししたいと思います。日本と韓国は、二千年来の活発な文化の交流や人の往来を通じ、世界に誇る素晴らしい文化と伝統を深く共有しています。さらに、今日の両国の交流は極めて重層的かつ広範多岐にわたり、両国の国民が互いに抱く親近感と友情はかつてないほど強くなっております。また、両国の経済関係や人的交流の規模は国交正常化以来飛躍的に拡大し、互いに切磋琢磨しながら、その結び付きは極めて強固なものとなっています。日韓両国は、今この二十一世紀において、民主主義や自由、市場経済といった価値を共有する最も重要で緊密な隣国同士となっています。それは、二国間関係にとどまらず、将来の東アジア共同体の構築をも念頭に置いたこの地域の平和と安定、世界経済の成長と発展、そして、核軍縮や気候変動、貧困や平和構築といった地球規模の課題まで、幅広く地域と世界の平和と繁栄のために協力してリーダーシップを発揮するパートナーの関係です。私は、この大きな歴史の節目に、日韓両国の絆がより深く、より固いものとなることを強く希求するとともに、両国間の未来をひらくために不断の努力を惜しまない決意を表明いたします。



日本国民は国民の意に反する
ただの自己満足にすぎない首相談話によって
民族としての誇りを深く傷付けられました。

日本国民は卑屈で無責任な内閣を誕生させてしまったことを
痛切に反省し、過去と未来の世代に対して
心からお詫びしなければなりません。

また、日本が統治していた期間に朝鮮総督府を経由して
もたらされた朝鮮王朝儀軌ならびに在日朝鮮人を、
韓国の人々の期待に応えて近くこれらをお渡ししたいと思います。




政府が日本の首相談話を歓迎「韓日関係発展を期待
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2010/
08/10/0400000000AJP20100810001800882.HTML
【ソウル10日聯合ニュース】政府は10日、日本の菅直人首相が韓国併合100年に当たり首相談話を閣議決定し、朝鮮半島の殖民地支配に対する謝罪を表明したことについて、歓迎の意を表明した。政府は同日、外交通商部の金英宣(キム・ヨンソン)報道官名義で論評を発表し、菅首相の談話を「韓日間の不幸だった過去の歴史を克服し、未来の明るい韓日関係を切り開いていこうとする菅首相と日本政府の意志として受け入れる」と述べた。政府はまた、菅首相が日本の植民地支配の過ちを率直に認めたいと表明した点に注目し、こうした認識をすべての日本国民が共有することを期待すると述べた。特に、「日本政府が首相談話で明らかにしたように、過去の歴史から由来する人道的協力を誠実に進め、朝鮮王室儀軌などの図書を早期に返還すると表明した点を評価する」と強調した。政府は「過去に不幸だった歴史に対する正しい認識と省察を土台に、現在の緊密な韓日関係が未来に向けたパートナー関係へとさらに発展を遂げることができるよう希望する」と述べた。



謹んでお断りします。



南北緊迫で日本重視=併合100年、対立回避-韓国
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010081000808
【ソウル時事】日韓併合100年に当たり菅直人首相が発表した首相談話について、韓国政府は10日、歓迎の意を示した。負の歴史の節目である今年、韓国では反日感情の高まりも懸念されたが、日韓関係は大きなハードルを越えたと言える。韓国政府の好意的な姿勢の背景には、南北関係が緊迫化する中、日本との協力を必要としている事情もある。哨戒艦事件をめぐる国連安全保障理事会議長声明が北朝鮮の名指し非難を避けたことで、北朝鮮は攻勢に転じた。これに対し、韓国は米国との合同軍事演習や有志連合による金融制裁などで北朝鮮に圧力を掛けようとしている。日本は安保理協議などで一貫して韓国の立場を擁護しており、韓国は対日関係を重視している。民主党政権下の日韓関係は「1965年の国交正常化以来最良」(韓国政府幹部)ともいわれ、歴史問題で波風を立てたくないのが本音だった。一方、韓国メディアや市民団体からは談話に対し「期待外れ」と落胆する声も上がった。日韓併合条約をめぐっては「強制されたもので無効」と主張する韓国側と「条約自体は合法」と反論する日本側で決定的な立場の相違がある。聯合ニュースは「歴史問題を解決しようと誠意を見せた点は評価できるが、併合条約の不法性を認めてほしいと願う韓国国民の期待には届かなかった」と指摘した。李明博大統領も菅首相との電話会談で「今後日本がどのように行動で実践するかが重要だ」とクギを刺すことを忘れなかった。併合100年の今年、日韓関係が悪化する可能性は低そうだが、韓国政府が在日韓国人らへの地方参政権付与や天皇訪韓などを改めて要請してきた場合、菅首相は難しい対応を迫られる。




首相談話は何の効果ももたらさないばかりか
墓穴を掘っただけであることは明らかです。

墓穴は掘ったんですから、すぐにでも入ってもらいましょう。
宮崎に埋め忘れた山田もいっしょに。



閣僚の靖国参拝見送りに関するコメント
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010081000458
菅首相⇒A級戦犯が合祀(ごうし)。首相・閣僚の公式参拝は問題
原口総務相⇒内閣の方針に従う
千葉法相⇒公式参拝は控えるのが基本的な内閣の考え方
岡田外相⇒A級戦犯が合祀されており、閣僚の参拝は不適切
野田財務相⇒まだ判断していないが、多分行かない
川端文科相⇒静かな環境でその日を迎えたい
長妻厚労相⇒A級戦犯の合祀にかんがみて
山田農水相⇒カトリック信者のため
直嶋経産相⇒予定はない
前原国交相⇒A級戦犯が合祀されているため
小沢環境相⇒閣僚としては行かない
北沢防衛相⇒終戦関連の本を読んで思いをいたす
仙谷官房長官⇒閣僚は参拝を自粛するのが従来の政府の考え方
中井公安委員長⇒帰省中
荒井国家戦略相⇒参拝予定がない
玄葉公務員改革相⇒閣僚として参拝することはない
蓮舫行政刷新相⇒理由は特段ない
自見郵政改革・金融相⇒近隣の国が不愉快に思うことは閣僚として避けるべきだ
※首相と外相は10日より前の発言




国務大臣ともあろうものが軽々しく
A級戦犯が云々と言うのには呆れてものも言えません。

国内法ではA級戦犯なるものは存在しません。

そもそもA級とB,C級の違いがわかっているのでしょうか。
A級は東京裁判という茶番劇によって裁かれたというだけです。

AのほうがBやCより罪が重いというわけではないですし
B、C級もある意味では東京裁判よりもひどい茶番劇で
冤罪を負わされて、多くが死刑に処されました。

しかし、裁いた側よりも裁かれた人間のほうが
高潔なる精神をもっていたことを忘れてはなりません。


向井敏明少尉の遺書(昭和23.1.28南京において銃殺刑)
「我は天地神明に誓い、捕虜住民を殺害せること全然なし。南京虐殺の罪は絶対に受けません。死は天命だと思い、日本男子として立派に中国の土となります。しかれども、魂は大八洲島(おおやしま)に帰ります。わが死をもって、中国抗戦8年の苦杯の遺恨流れ去り日華親善、東洋平和の因ともなれば捨て石となり幸いです。中国のご奮闘を祈る。日本の敢奮を祈る。中国万歳。日本万歳。天皇陛下万歳。死して護国の鬼となります。12月31日10時記す 向井敏明」


野田穀少尉の遺書(昭和23.1.28広東において銃殺刑)
「捕虜、非戦闘員の虐殺、南京虐殺事件の罪名は絶対にお受けできません。お断り致します。死を賜りましたことについては天なりと観じ命なりとあきらめ、日本男児の最後の如何なるものであるかをお見せいたします。今後は我々を最後として我々の生命をもって残余の戦犯嫌疑者の公正なる裁判に代えられんことをお願い致します。宣伝や政策的意味をもって死刑を判決したり、面目をもって感情的に判決したり、あるいは、抗戦8年の恨みを晴らさんがため、一方的裁判をしたりなされないよう祈願いたします。我々は死刑を執行されて雨花台に散りましても、貴国をうらむものではありません。我々の死が中国と日本のくさびとなり、東洋平和の人柱となり、ひいては世界平和が到来することを喜ぶものであります。何とぞ我々の死を犬死、徒死たらしめないよう、これだけを祈願いたします。中国万歳 日本万歳 天皇陛下万歳 野田毅」




AもBもCも関係ありません。
とにかくすべてが勝者による裁きだったのです。
マスゴミが言うように文明の裁きでは決してありません。


第016回国会 本会議 第35号
昭和二十八年八月三日(月曜日)
 議事日程第三十四号

戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議
山下 春江(※日本初の女性国会議員の一人)
八月十五日九度目の終戦記念日を迎えんとする今日、しかも独立後すでに十五箇月を経過したが、国民の悲願である戦争犯罪による受刑者の全面赦免を見るに至らないことは、もはや国民の感情に堪えがたいものがあり、国際友好の上より誠に遺憾とするところである。しかしながら、講和条約発効以来戦犯処理の推移を顧みるに、中国は昨年八月日華条約発効と同時に全員赦免を断行し、フランスは本年六月初め大減刑を実行してほとんど全員を釈放し、次いで今回フイリピン共和国はキリノ大統領の英断によつて、去る二十二日朝横浜ふ頭に全員を迎え得たことは、同慶の至りである。且又、来る八月八日には濠州マヌス島より百六十五名全部を迎えることは衷心欣快に堪えないと同時に、濠州政府に対して深甚の謝意を表するものである。かくて戦争問題解決の途上に横たわつていた最大の障害が完全に取り除かれ、事態は、最終段階に突入したものと認められる秋に際会したので、この機会を逸することなく、この際有効適切な処置が講じられなければ、受刑者の心境は憂慮すべき事態に立ち至るやも計りがたきを憂えるものである。われわれは、この際関係各国に対して、わが国の完全独立のためにも、将又世界平和、国家親交のためにも、すみやかに問題の全面的解決を計るべきことを喫緊の要事と確信するものである。よつて政府は、全面赦免の実施を促進するため、強力にして適切且つ急速な措置を要望する。 右決議する。〔拍手〕
~中略~
さて、かくのごとくにいたしまして、もはや海外に残されました戦争受刑者は一名もなくなり、従来戦犯問題解決の途上に横たわつておりました最大の障害は完全に一掃されました。事態はまさに最終の段階に突入したものと考えられるのでございます。すなわち、平和条約によつて拘禁せられる戦争受刑者は、やがて濠州より送還される百六十五名を最後といたしまして、全員巣鴨に集結し、巣鴨は再び九百二十余名にふくれ上るのであります。これらの方々については、もはや助命運動も内還運動も一切は終了し、残された問題は、ただこの方々を一刻も早く巣鴨から釈放するということだけになつたのでございます。(拍手)ここで考えていただきたいことは、朝鮮戦争の終結でございます。惨列をきわめた武力戦が停止となり、恒久の平和がこれによつてもたらされることは万人の願いでございますが、このたびの休戦は勝敗なき休戦であり、降伏なき終戦であり、従つて戦犯裁判を伴わざる終戦でございます。開戦以来、この戦争においては、双方ともに相手方の戦犯行為を指摘非難して参りましたが、このような休戦となつてみれば、その処罰などは、双方ともやろうとしてもできることではございません。(拍手)結局、戦犯裁判というものが常に降伏した者の上に加えられる災厄であるとするならば、連合国は法を引用したのでもなければ適用したのでもない、単にその権力を誇示したにすぎない、と喝破したパル博士の言はそのまま真理であり、今日巣鴨における拘禁継続の基礎はすでに崩壊していると考えざるを得ないのであります。(拍手)










ポチッで救えるブロガーがいる。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2010/08/10 22:22 ] 韓国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

malt vinegar

Author:malt vinegar
神奈川在住の男性。テレビはチャンネル桜、新聞は産経ネットビューしか見ない。そんな私も若いころは左巻き。未来は現在においてつくられる。

クリック募金
クリックで救える命がある。
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
産経・読売ニュース
最新記事
中吊り
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。