どこまでも、どこどこまでも、果ての果てまで、断固として、徹頭徹尾、徹底的に便所の落書きですよ。なんだか全体的に右に曲がっているように見えますけど、気にしないでくださいね。ただの癖ですから。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新たな時代の安全保障と防衛力に関する懇談会

自衛隊、沖縄・南西に重点配備…安保懇が提言
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/
20100726-OYT1T00032.htm
政府の「新たな時代の安全保障と防衛力に関する懇談会」(菅首相の諮問機関、座長=佐藤茂雄・京阪電気鉄道最高経営責任者)が来月上旬に首相に提出する報告書原案の全容が25日、判明した。朝鮮半島や台湾海峡有事を念頭に、機動的で実効性のある防衛力整備を目指すことを打ち出し、冷戦時代からの国防の基本方針だった「基盤的防衛力構想」の見直しを提言している。集団的自衛権をめぐる憲法解釈見直しの議論を踏まえた制度整備を提言し、武器輸出3原則の緩和も求めている。報告書は、民主党政権下で初めて策定される新たな「防衛計画の大綱」(防衛大綱)のたたき台となるもので、年末の大綱策定にどう反映されるかが今後の焦点となる。原案では、冷戦時代以降、自衛隊を全国に均衡配備する根拠となってきた基盤的防衛力構想について、現在の安全保障環境にそぐわないとして撤廃を提起。朝鮮半島や台湾海峡有事とともに、「限定的で小規模な侵略」などの有事に能動的に対処できる態勢整備を求めている。具体的には、単一のミサイル攻撃といった事態への対処より、「複合的な事態の発生に対処できる機動的、弾力的、実効的な防衛力整備」を提言している。部隊配備は、全国均衡から沖縄・南西諸島重視への転換が視野にある。また、世界の平和と安定に貢献する「平和創造国家」を目指すべきだとし、国連平和維持活動や海賊対処、災害救援活動に積極参加できる整備を促している。集団的自衛権については、米国に向かうミサイルの迎撃を可能とするために憲法解釈を見直すべきだとした過去の議論を踏まえ、自衛隊がそうした事態を想定した演習を行えるよう、態勢の整備を求めている。諸外国への武器や関連技術の輸出を禁じた武器輸出3原則については、米国やその同盟国など、価値観を共有する国との装備品の共同開発・生産や、日本企業による国際開発・生産計画への参加を認めることを提言している。日米同盟については、日本の安全保障戦略や地域の安定に極めて重要だとした上で、沖縄の戦略的重要性は今後一層高まるとし、在日米軍基地の安定運用に向け、基地の日米共同使用の推進などを提言している。今後約10年間の防衛力整備の指針となる防衛大綱の策定は当初、昨年末に予定されていたが、政権交代に伴い、1年先送りされた。新たな懇談会が今年2月に発足し、議論を重ねてきた。
◆基盤的防衛力構想=1976年策定の防衛大綱で打ち出された防衛力整備の概念。各種侵略に対して独立国として必要最小限の防衛力を保有するとし、力の空白を作らぬよう、自衛隊部隊を均衡に配備するべきだとした。「存在することが自衛隊の仕事」という考え方の源流ともいわれる。冷戦後の95、2004年に策定された二つの防衛大綱でも撤廃されず、部隊編成の硬直化の一因とされてきた。



きわめてまっとうな内容なんですが
与野党ともに対応がむずかしいでしょうね。

何せ現職の防衛大臣とは真逆の提言もありますし。

この提言を踏み絵として
ぜひとも政界再編につなげてほしいものです。

それにはいろんな条件が必要になりますが
今のところはオナワ待ちです。

オナワさん、割るときは
真ん中からキレイにスパッと割ってください。
右にぶれる分にはかまいませんが。




賃金ガイドライン策定へ、中国当局 監督強化し団交促す 企業のコストアップ必至
http://sankei.jp.msn.com/world/china/
100726/chn1007262238005-n1.htm
【上海=河崎真澄】中国政府は外資系工場で労働者のストライキが頻発する事態を受け、賃金水準や団体交渉に関する新たなガイドラインを策定する。低賃金労働に加え、同一業種内での賃金体系の差がストの背景にあると判断、監督や指導を強化する見通しだ。一方、労働組合の全国組織である中華全国総工会は、工場に限らず金融機関にも工会(労組)設立を働きかけており、進出企業は人件費アップや労使交渉の複雑化が避けられそうにない。中国共産党機関紙、人民日報(電子版)が26日伝えたところによると、人事社会保障省は業種ごとの労働コストや賃金水準に関する見解をまとめ、「適切な時期」にガイドラインとして公表する方針だ。同省は業界ごとの標準データを賃金決定の重要な根拠として企業側に提供するという。また、労働者の飛び降り自殺が相次ぎ、賃金倍増で事態収拾を図った台湾系の電子機器メーカー、富士康を抱える広東省政府は、これまで規定のなかった業種ごとの団体交渉を促すことを決めた。当局側から指導チームを派遣し、労組側を教育する支援も進める。同紙によると、25日に新疆ウイグル自治区が最低賃金の引き上げを発表したことで、今年に入って24の省や自治区、直轄市で法定の最低賃金がアップし、上昇率は20%を超えた。それでも全国最高の上海市で、月額1120元(約1万4560円)にとどまる。広東省のホンダ系自動車部品工場で起きたストのように、完成車工場の労働者との待遇差に怒りを爆発させたケースも多く、出稼ぎ農民(農民工)らを中心に不満がくすぶっている。一方、中国紙、第一財経日報によると、中華全国総工会は従来の外資系工場に加え、ゴールドマン・サックスやクレディ・スイスなど欧米の大手金融機関の経営側に対し、中国現地法人での労組設立を要請したという。これに応じれば、経営側は賃金総額の2%を経費負担として労組に支払わねばならず、コストアップ要因となる。中国における労使問題が今後、工場労働者から金融機関などホワイトカラー層にも広がる懸念が指摘され始めた。中国政府は年内に、計画経済時代に逆戻りするかのような「同一業種、同一賃金」の賃金条例を制定する見通しだ。外資系を手始めに“低賃金労働”からの脱却を進める方針で、企業は対応を迫られている。


中国の地表水、4分の1が重度汚染=政府報告
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/07/
html/d35620.html
【大紀元日本7月27日】中国環境保護部は26日、2010年前半の全国環境質量状況報告で、中国の汚染状況は深刻であると公表した。BBC中国語サイトが報道。報告によると、特に地表水の汚染が深刻。全体としては中度の汚染で、4分の1は工業用水の基準にさえも達していないという。中国の水質基準は6段階に分けられており、第1、第2、第3段階は飲用水で、第4と第5は工業・農業用水で、6段階は如何なる用途にも適さない。環境部によると、全国各地で採集したサンプル分析の結果、第1、第2、第3段階の地表水は全国で約49.3%、第4、5段階は26.4%、深刻に汚染された第6段階の地表水は24.3%も占めるという。中国では近年、環境汚染の状況が深刻になっている。7月にも、大連の石油パイプライン爆発事件による広範囲の海面汚染や、中国最大の黄金採掘場の廃水漏れによる福建省と広東省の広い地域での土地と水質汚染など、3件の重大環境汚染事件が発生している。



ヒトと環境を犠牲にして成長するという
中国のビジネスモデルはさすがに限界でしょう。

それにしても、その中国のビジネスモデルに加担する日本企業の多いことに驚かされます。いずれ高いツケを払うことになるでしょうが。



F-15K戦闘機の非常脱出装置を誤って操作、10億ウォンの損失
http://japanese.joins.com/article/article.php?
aid=131565&servcode=400§code=430
戦闘機内で後輩操縦士を教育していた空軍の将星が非常脱出装置を誤って操作し、滑走中に空中に飛び出すという事故が発生した。 26日の空軍によると、空軍大学総長のチェ少将(56、第25期)は21日、大邱(テグ)南部戦闘司令部基地で第11戦闘飛行団所属F-15K戦闘機の後部座席に座った。 後輩に「最先端武器体系運用戦術」を教育するための課程だった。 前の席に座った正規操縦士が離陸のための最終点検を意味する「ラストチャンス」に入った瞬間、突然、操縦席を覆う透明な円蓋キャノピーが外れ、チェ小将の操縦席が空に向かって50メートルほど飛び出した。 幸い、チェ小将はパラシュートが開いたことで負傷なく滑走路に安全に落ちた。 空軍関係者は「最新型のF-15Kは滑走時にも非常脱出装置が作動するため、人命事故につながらなかった」と説明した。 空軍は事故の直後に調査を行い、チェ小将が非常脱出用射出レバーを誤って操作したことを確認した。 チェ小将が飛行経歴3000時間のベテランだが、旧型機種F-5を操縦してきたため操作を誤ったという。 軍関係者は「崔小将に対する懲戒はまだ決定されていない」と述べた。 今回の事故でキャノピーの交換と非常脱出装置の再装着に10億ウォン(約7500万円)以上の費用がかかると空軍は推算している。 「スラムイーグル」と呼ばれるF-15Kは1機当たり1億ドルで、05年以降40機が導入されている。 25日から始まった韓米連合訓練にも4機が参加している。



男なら一度はやってみたい命がけのコント。
あこがれます。



ポチッで救えるブロガーがいる。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村





スポンサーサイト
[ 2010/07/27 19:40 ] 国防 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

malt vinegar

Author:malt vinegar
神奈川在住の男性。テレビはチャンネル桜、新聞は産経ネットビューしか見ない。そんな私も若いころは左巻き。未来は現在においてつくられる。

クリック募金
クリックで救える命がある。
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
産経・読売ニュース
最新記事
中吊り
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。