FC2ブログ
どこまでも、どこどこまでも、果ての果てまで、断固として、徹頭徹尾、徹底的に便所の落書きですよ。なんだか全体的に右に曲がっているように見えますけど、気にしないでくださいね。ただの癖ですから。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大借金作った責任は民主党 by管

首相「大借金作った責任、民主党にもある
http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2010/
news2/20100705-OYT1T00967.htm?from=top
菅首相は5日、松山市内で街頭演説し、消費税率の引き上げに関連し、「消費税の話は好きで言っているのではない。860兆円の大借金を作った責任は、自民党にも公明党にも(あるが)民主党にも、なにがしかの責任はある。財政健全化する道筋を(各党)一緒になってつけたい」と述べた。首相は、これまで財政悪化の責任を昨年まで政権を運営してきた自公両党の責任だと批判することが多かったが、民主党政権にも責任があることを認めた形だ。首相は同日、高松市での街頭演説では消費税問題に全く触れなかった。



つーか、もっと正確に言うならば、
860兆円の借金の大半は
小沢一郎がこさえたんですよ。



NHK世調 内閣支持率41%
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100705/
k10015552721000.html
NHKが行った世論調査によりますと、菅内閣を「支持する」と答えた人は、先週の調査より7ポイント下がって41%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は、3ポイント上がって38%でした。NHKは、今月2日から3日間、全国の20歳以上の男女を対象に、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかけるRDDという方法で世論調査を行いました。調査の対象となったのは2355人で、このうちの65%にあたる1536人から回答を得ました。それによりますと、菅内閣を「支持する」と答えた人は、先週の調査より7ポイント下がって41%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は、3ポイント上がって38%でした。また、「わからない・無回答」は2ポイント上がって20%でした。そして、今回の参議院選挙について、どの程度関心があるか聞いたところ、「非常に関心がある」が35%、「ある程度関心がある」が47%、「あまり関心がない」が13%、「まったく関心がない」が3%でした。参議院選挙の投票に行くかどうか尋ねたところ、「必ず行く」が67%、「行くつもりでいる」が19%、「行くかどうかわからない」が6%、「行かない」が4%、「期日前投票をした」が4%でした。投票にあたって最も重視することを質問したところ、「年金や医療などの社会保障政策」が31%、「景気・雇用対策」が21%、「消費税率の引き上げ含む財政再建」が18%などとなりました。また、消費税率の引き上げの賛否を聞いたところ、「賛成」が29%、「反対」が34%、「どちらともいえない」が32%でした。さらに、参議院選挙の投票にあたって、消費税率を引き上げる問題を考慮するか尋ねたところ、「大いに考慮する」が15%、「ある程度考慮する」が46%、「あまり考慮しない」が23%、「まったく考慮しない」が8%でした。菅総理大臣が、税制の抜本改革について、参議院選挙後に超党派で議論を始め、早期に結論を得たいとしたうえで、消費税率は、「自民党案の10%をひとつの参考にしたい」としている姿勢を評価するか質問したところ、「大いに評価する」が8%、「ある程度評価する」が35%、「あまり評価しない」が31%、「まったく評価しない」が17%でした。そして、参議院選挙の結果、議席が増えてほしい政党はどこか聞いたところ、民主党が26%、自民党が22%、公明党が3%、共産党が3%、社民党が3%、みんなの党が8%、たちあがれ日本が1%、新党改革が1%、「特にない」が18%でした。また、選挙の結果、民主党が参議院で単独過半数を占めることは望ましいと思うか尋ねたところ、「望ましい」が21%、「どちらかといえば望ましい」が20%、「どちらかといえば望ましくない」が20%、「望ましくない」が29%でした。



憂えています この国の未来/中高生物申す
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/
2010/07/05/new1007051101.htm
11日の参院選投開票日まで1週間を切った。今回の選挙は、消費税増税や財政再建など、将来の国民負担増の在り方が大きな争点。投票権を持たない10代の子どもたちにとっても、〝あした〟にかかわる問題だ。数年後に有権者となり社会を担う青森県内と岩手県北の中高生は、大人が想像する以上に選挙の行方に関心を持っている。そこで聞いてみた。いま、何を政治に求めますか―。
■急ぐべき政策は
高卒、大卒の就職難が続く中、東北町の高校3年西野拓真君(17)は真っ先に雇用問題を挙げ、「不況なので、公共事業を増やし雇用を安定させてほしい」と強調。三沢市の中学3年佐藤綾奈さん(14)は「何とか景気を良くしてほしい。社会に出ても、働く場所がないのは困る」と訴えた。田子町の高校3年立田健人君(17)は「新しい産業や技術などを支援して経済を活性化させ、税収を増やして財政再建につなげてほしい」と語り、新産業創出への積極投資を求めた。
■負担増への不安
子ども手当の支給や、高校の授業料無償化が始まったが、将来の負担増を心配する中高生も多い。東通村の高校2年濱端星香さん(16)は「国のお金はいつまで続くのか」、二戸市の中学3年田山真之介君(14)は「このまま借金が増えていけば、将来安心して暮らせるのだろうか」と不安を口にした。参院選の争点に急浮上した消費税増税問題について、青森市の高校1年高橋拓也君(15)は「年金問題が改善されるのなら、上げても良いのでは」と、条件付き賛成の考え方だ。
■政治にひと言
七戸町の高校3年十枝内繭さん(17)は、ここ数年で首相が何人も辞める事態が続いていることに、「首相がころころ変わるのが良くない。なぜ政治家たちはもっと協力し合うことができないのか」と腹立たしそう。八戸市の高校3年二瓶愛理さん(17)は「政治家は公約の良い面、悪い面をしっかり提示すべきだ。私たちもすぐにバッシングに走らず、多面的に判断して見守る必要があると思う」と語り、政治家を選ぶ側の有権者の責任も感じている。選挙権を持つ大人に対し、何か言いたいことは―との質問に、二戸市の高校2年平田悠貴君(17)は「きれい事だけを並べる候補者ではなく、『変える力』を持つ政治家を見極めて投票してほしい」と訴えた。




若いのに、国の借金の心配をするなんて......

それはそれとして、NHKの世論調査のよりも
中高生のほうがよっぽどまともにみえてしまいます。





ポチッで救えるブロガーがいる。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2010/07/06 21:20 ] 民主党 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

malt vinegar

Author:malt vinegar
神奈川在住の男性。テレビはチャンネル桜、新聞は産経ネットビューしか見ない。そんな私も若いころは左巻き。未来は現在においてつくられる。

クリック募金
クリックで救える命がある。
カレンダー(月別)
08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
産経・読売ニュース
最新記事
中吊り
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。