FC2ブログ
どこまでも、どこどこまでも、果ての果てまで、断固として、徹頭徹尾、徹底的に便所の落書きですよ。なんだか全体的に右に曲がっているように見えますけど、気にしないでくださいね。ただの癖ですから。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

神奈川新聞がゴミを撒き散らかしています

消費税率引き上げ8割以上が「容認」、横商の市内企業調査/横浜
http://news.kanaloco.jp/localnews/
article/1006300004/
横浜商工会議所が会員企業を対象に実施した調査で、消費税率の引き上げを「容認できる」と回答した企業が8割以上に上った。「容認できる標準税率は」との質問に、「10%」とする回答が56・9%で半数以上を占めた。「7%」が24・5%、「15%」が4・8%だった。引き上げ反対と解釈できる「無回答」は9・3%にとどまった。引き上げの最適な時期は「2年後」が49・1%と最も多く、「4年後」が28・6%だった。法人税については79・2%の企業が「引き下げるべき」と回答。「厳しい財政状況下で引き下げの必要はない」とする企業は18・6%だった。佐々木謙二会頭は「財政が大変なことになる前に消費税率は上げなければならない。ただ、国際的にも異常に高い法人税率を下げるべきだ」としている。調査は税制改正要望を取りまとめるため4月28日~5月18日に実施。対象1500社のうち269社が回答した(回答率18%)




先日の東京新聞のバカ調査は自作自演でしたが
このかなしんの記事は他の機関が行ったゴミ調査を
マスゴミが拡大バカ解釈して、さらにゴミを広めるというパターン。

8割以上が引き上げ容認???????

調査対象1500社のうち、回答したのはわずか269社のみ。
この時点で調査としてかなり問題があります。

そのたった269社の8割は215社に過ぎません。
215社というのは、全体の1500社の14%です。

14%と80%、どちらが正しい割合でしょうか。

さらに、消費税引き上げ容認と回答した企業とほぼ同数が、
法人税引き下げについても賛成しています。

つまり、今回回答をした企業というのは
法人税引き下げという条件付きで
消費税引き上げを容認するというだけの話です。

回答をしなかった86%の企業は消費税引き上げに反対か
どちらでもないと考えるのが妥当でしょう。

ところが記事では、
「引き上げ反対と解釈できる『無回答』は9・3%にとどまった」

悪意に満ちた誘導か、それともただの無知か。

どちらにしてもこんな記事をタレ流す神奈川新聞には
存在価値はありません。




所得公開】労組幹部、民主4人が兼務 「癒着」指摘も
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/
100630/plc1006301132005-n1.htm
30日に公開された国会議員の関連会社報告書で、民主党の衆参両院議員4人が労働組合の顧問などを兼務し、報酬を得るなどしていたことが分かった。北海道教職員組合幹部による違法献金事件など「癒着」と批判を受けながら、労組との関係を断ち切れない同党議員の実態が明らかになった。兼務が確認されたのは、大畠章宏衆院議員(電機連合顧問)▽樋高剛衆院議員(UIゼンセン同盟人材サービスゼネラルユニオン顧問)▽藤田一枝衆院議員(全日本運輸産業労働組合連合会顧問、全日通労働組合顧問)▽池口修次参院議員(全国本田労働組合連合会特別顧問)-の4人(今年4月1日現在)。同時に公開された所得報告書によると、池口氏は昨年約56万円を受領。大畠氏の報告書には顧問料の記載がなく、樋高、藤田両氏は昨夏の衆院選での復活当選組のため、同報告書の提出義務がなかった。一方、トヨタ自動車労働組合の顧問を兼職していた直嶋正行経済産業相と古本伸一郎財務政務官は、鳩山内閣が誕生した昨年9月で顧問を辞任。同労組によると、「辞任と同時に顧問料の支払いもなくなった」としている。政治とカネに詳しい岩井奉信(ともあき)日本大学法学部教授の話「自民党時代には民間企業の顧問料が問題視されたが、これでは民主議員も同じ穴のムジナだ。癒着を疑われても仕方がなく、業務内容を明らかにするなど透明性確保へ努力が必要だ




全共闘世代は言うんでしょうね。
組合のほうがいいに決まってるぢゃないかって。



敗退決まり泣きじゃくる…誰が駒野を慰めたか
http://sankei.jp.msn.com/sports/soccer/
100630/scr1006300737063-n1.htm
ドイツ公共放送「ARD」で解説を務めたかつての名選手ネッツァー氏は「駒野はこの場面を生涯忘れられないだろう」と話したという。PK戦。駒野のシュートはクロスバーを直撃して大きくはねた。頭を抱える駒野。そして大会からの敗退が決まると、泣きじゃくった。敗戦は、駒野ひとりの責任ではない。誰が、駒野を慰めたか。バーをたたき、上方に大きく弾んだ自らのシュートに、駒野は天を仰ぎ、頭を抱えた。うつむいてセンターラインの仲間のところへ戻る駒野を抱きかかえるようにして迎え、列の中へ招き入れたのは、大会前にその腕からキャプテンマークを剥奪された中沢だった。5人目のキッカー、カルドソが決勝のゴールを決めると、歓喜の輪を抜けだし、1人のパラグアイ選手が駒野に駆け寄り、額をすりつけるようにして何かを語りかけた。自身4人目のキッカーとして落ち着いてゴール中央にPKを決めたアエドバルデスだった。おそらくスペイン語だったのだろう。駒野は何を言われているのか分からないはずだが、しきりにうなづいていた。気持ちは通じていたのだろう。一番長く駒野の肩を抱いていたのは、松井だった。そして駒野以上に泣いていた。何も言わず、しゃくり上げ、ただただ肩を抱き続けていたようにみえた。そして逆の肩を、阿部が抱いた。サポーターへのあいさつに駒野を背を押していざなったのは、稲本だった。努めて笑顔だった。駒野は笑顔を返すことはできなかった。それでも稲本は笑みを送り続けた。ロッカールームに引き上げ、ミックスゾーンに姿をみせた駒野は、無言でうつむき、報道陣の前を通り過ぎた。バッジオが、バレジも味わったPK戦の残酷。だが多くの仲間に支えられ、駒野は立ち直らなくてはならない。








ポチッで救えるブロガーがいる。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2010/06/30 22:10 ] メディア | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

malt vinegar

Author:malt vinegar
神奈川在住の男性。テレビはチャンネル桜、新聞は産経ネットビューしか見ない。そんな私も若いころは左巻き。未来は現在においてつくられる。

クリック募金
クリックで救える命がある。
カレンダー(月別)
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
産経・読売ニュース
最新記事
中吊り
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。