FC2ブログ
どこまでも、どこどこまでも、果ての果てまで、断固として、徹頭徹尾、徹底的に便所の落書きですよ。なんだか全体的に右に曲がっているように見えますけど、気にしないでくださいね。ただの癖ですから。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

前代未聞の狂気の沙汰

谷亮子選手がこどもを産んで産院から出たのかと思ったら
ミンスが谷亮子選手を参院選に擁立ですか。
トヨタ票に●●組票ですか、そうですか。


県内移設は「狂気の沙汰」 与党・社民議員、官邸前で前代未聞の演説http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/
100510/stt1005101200000-n1.htm
社民党の山内徳信参院議員と服部良一衆院議員が10日午前、首相官邸で開かれた米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の関係閣僚会議に合わせ、官邸前交差点の歩道で、県内移設反対を訴え、演説を行った。連立政権を組む与党議員が官邸前で鳩山由紀夫首相らを公然と批判するのは極めて異例の事態だ。山内氏は「辺野古くい打ち工法反対 首相、『国外・県外』への公約守れ」と書かれた横断幕を掲げ、「県外・国外と言ったのは誰だったのか。国家が人をいじめ犠牲にしていいという法律はない」と訴えた。さらに「沖縄県民を(県外移設という)その気にさせておいて、米国と交渉する気概も気迫もない。(県内移設は)もはや狂気の沙汰(さた)だ」と政府を激しく批判した。演説中、山内氏らは関係閣僚会議のため官邸入りする北沢俊美防衛相の公用車に「くい打ち反対、くい打ち反対」と叫び、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)沖合の「浅瀬案」など県内移設案が政府案として話し合われることを牽制(けんせい)した。



社民党の政府批判がまっとうに聞こえるということは
現政府こそ前代未聞の狂気の沙汰だと言わざるをえませんね。

それにしてもコールの選び方は秀逸ですね。
「くい打ち反対、くい打ち反対」っていうのは
こどもでも叫びたくなりそうです。


矛盾封じに「戦勝」を誇示 スターリン批判は国内向け 対日姿勢は硬化へ
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/
100509/erp1005092005006-n1.htm
【モスクワ=遠藤良介】ロシアが9日、第二次大戦での連合国、英米仏の部隊も招いて行った「大祖国戦争」の戦勝65周年を祝う軍事パレードには、大国路線のよりどころである「戦勝国」の地位を内外に誇示し、愛国心を高揚させる狙いがある。メドベージェフ政権はこの日に先立ち、当時の独裁指導者、スターリンを否定する動きをみせてもきた。だが、それは国内世論を二分するスターリンへの評価から距離を置く試みにすぎない。むしろ「ソ連時代の大戦の結果は見直さない」との対外姿勢は強まっており、北方領土問題を抱える日本への態度も硬化しつつある。モスクワの退役軍人、サゴロビッチさん(85)は今年、複雑な胸中で5月9日を待った一人だ。モスクワ市が今春、戦勝65周年に合わせ、スターリンをあしらった看板を街頭に設置すると発表したためだ。反対の公開書簡を出す話を聞き、「署名せずにはいられなかった」という。反対理由の一つは、スターリンがナチス・ドイツからの攻撃の可能性を警告されながら聞き入れず、緒戦の敗北で莫大(ばくだい)な人的損害を出したことだ。1937年に父親を銃殺されたサゴロビッチさんにとって、スターリンの肖像は数百万人が犠牲となった「大粛清という犯罪を隠すもの」でもあった。推進派の元軍人団体などは「スターリンの貢献を軽視すべきではない」「指導者なき歴史はありえない」などと主張。結局、人権団体の反対や政権の意向を受け、モスクワのスターリンの看板は屋内施設での掲示に限られた。メドベージェフ大統領は7日付のイズベスチヤ紙のインタビューで「戦争はスターリンでなく、人民の勝利だ。スターリンが自国民に対して行った多くの犯罪は許されない」と述べ、これまでになく直さい的なスターリン批判を展開した。近年のロシアで、定期的に現れては世論を二分するスターリン問題に終止符を打つのが最大の狙いだ。その背景には、ロシア・旧ソ連が大祖国戦争と称する対ドイツ戦の犠牲者は2700万人ともいわれ、「人民の偉大な勝利」といった歴史観が大多数の国民に受け入れられることがある。旧ソ連が1940年、スターリンの命でポーランド人将校らを虐殺した「カチンの森」事件をめぐっても、政権はポーランドとの歴史的和解に踏み出した。ただ、政権は「スターリンの犯罪」と「戦勝」を明確に区別している今のロシアには過去の戦勝以外に国民を統合する理念がなく、国連安保理常任理事国に代表される「戦勝国」の地位はロシア外交の“生命線”といえるからだ。「ソ連がナチスから欧州を解放した」との主張はいっそう強まり、日本はナチス・ドイツと同等視される政権の「スターリンの犯罪」には、ソ連が中立条約を破って参戦し、日本の降伏宣言後に北方領土を占拠した事実や、シベリア抑留問題は含まれていないプーチン首相は8日、訪露した中国の胡錦濤国家主席と会談し、「両国は(ドイツの)ファシズムと日本の軍国主義を打破する上で極めて貢献した」と発言。「歴史の真実を守り抜くために連携を強める」(胡主席)ことで一致した。ロシア政界筋によると、下院は日本が第二次大戦の降伏文書に署名した9月2日を、「対日戦勝記念日」に制定するよう求める法案を準備し、7月にも審議に入る方針を固めた。昨年5月に設立された大統領付属「反歴史捏造(ねつぞう)委員会」のナロチュニツカヤ委員は、最近の記者会見で「日本の領土要求には法的根拠がなく、問題は過去のものになった方がよい」と強硬な立場を示している。



世の中には全共闘世代によくみられるように
必死で反米を訴える輩がいますが
そういう人はなぜかあまり反ソ、反露、反中を唱えることをしません。

反米か、あるいは反露&反中のどちらかしか選べないシステムに
なっているのでしょうか。

もうひとつおもしろいのは、サヨクの活動には反基地、反原発とか
ジェンダーフリーとか全然関係ないのが一緒くたになってますね。

それはさておき、日本もしっかりと歴史を見直しましょう。
敗戦国だからといってすべてが悪だったわけではありません。
一部の政治家、軍人だけに罪を負わせて、
彼ら以外はみんな正義だったようなふりをするのはやめましょう。








ポチッで救えるブロガーがいる。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2010/05/10 20:08 ] ロシア | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

malt vinegar

Author:malt vinegar
神奈川在住の男性。テレビはチャンネル桜、新聞は産経ネットビューしか見ない。そんな私も若いころは左巻き。未来は現在においてつくられる。

クリック募金
クリックで救える命がある。
カレンダー(月別)
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
産経・読売ニュース
最新記事
中吊り
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。