FC2ブログ
どこまでも、どこどこまでも、果ての果てまで、断固として、徹頭徹尾、徹底的に便所の落書きですよ。なんだか全体的に右に曲がっているように見えますけど、気にしないでくださいね。ただの癖ですから。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中国を無用に増長させるな

今回の事業仕分けは納得がいきません。
民主党が提出し可決した予算に
民主党が突っ込むとは自作自演です。




沖縄通過の中国艦艇、その後に沖ノ鳥島近海へ
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/
100420/plc1004200131001-n1.htm
今月10日に沖縄近海を通過した中国海軍の艦艇がその後、日本最南端の沖ノ鳥島(東京都小笠原村)近海に入り、同島を基点とする日本の排他的経済水域(EEZ)内で島を1周するように航行していたことが19日、わかった。複数の日米軍事関係筋が明らかにした。沖ノ鳥島は島ではなく、EEZの基点とならない「岩」だと主張している中国側による日本への示威行動とみられ、日本政府は中国艦艇の航行記録を慎重に調べている。中国艦艇は、東海艦隊(司令部・浙江省寧波)のソブレメンヌイ級ミサイル駆逐艦2隻、フリゲート艦3隻、キロ級潜水艦2隻、補給艦1隻など計10隻で編成。10日に沖縄本島の南西約140キロの公海を東シナ海から太平洋に向けて通過した後、11日に沖縄南方海域で洋上補給を行うと、13日ごろに沖ノ鳥島周辺海域に到達した。防衛省関係者によると、現在も太平洋上で演習を継続しているという。8日には東シナ海で艦載ヘリが監視中の海上自衛隊の護衛艦の約90メートルまで接近している。中国軍の機関紙「解放軍報」によると、中国海軍は今回の行動を「近来まれにみる期間と規模の遠洋訓練」と位置づけている。航海中には、艦載ヘリの誘導で空母機動艦隊を攻撃する訓練や対艦ミサイルによる攻撃を電波妨害で防ぐ訓練などのほか、「世論戦、心理戦、法律戦の訓練」も行うという。中国は過去、国連海洋法条約で必要な日本への通告を行わずに沖ノ鳥島周辺のEEZ内の海洋調査を進めてきた。今回の行動も独自調査による海流データなどを通じて、同周辺海域で潜水艦を含む軍事行動が可能になったことを誇示するねらいがあるとみられる。また、艦艇が同周辺海域に進出したとされる13日には、米ワシントンで日中首脳会談が行われていた。鳩山政権の反応を探る意図もありそうだ。日本政府は、中国艦艇の航行について、11日までの情報は日中首脳会談後の13日午前に公表したが、その後のことは、中国政府への対応を含めて明らかにしていない


沖縄近海航行 中国海軍 新戦略の始まり
http://sankei.jp.msn.com/world/china/
100420/chn1004201308005-n1.htm
【ワシントン=古森義久】駆逐艦2隻、潜水艦2隻、フリゲート艦3隻など計10隻の中国艦隊が10日、沖縄近海を南下したことについて、米国のシンクタンク「国際評価戦略センター」のリチャード・フィッシャー主任研究員は、産経新聞とのインタビューで「中国海軍の新戦略の始まりであり、米軍への挑戦と日本の反応の探察を目的としている」との見解を明らかにした。同研究員は、今回の動きが中国人民解放軍海軍としてはこれまで沿岸から最も遠い距離に出ての最大規模の演習行動だと特徴づけ、「日本は中国海軍のこの種の拡大行動にこれから定期的に直面する」と述べた。中国側の戦略的狙いについて同研究員は、中国海軍が(1)遠洋活動能力を高め、多元的な艦隊、機能の確立を目指す新戦略のスタートとしている(2)訓練は東アジア、西太平洋での米海軍の覇権への挑戦を目指している(3)今回の艦隊の動きに日本がどう反応するかを考察することを意図している-という諸点をあげた。とくに日本への意味については「中国海軍は今回の訓練航行が象徴する拡大活動を今後定着させ、日本との領有権紛争を抱える東シナ海での海軍力の増強によって、主権の主張に、より強い実効を発揮させることを意図している」と述べ、中国が沖縄諸島に関しても日本の領有権を明確には認めていない点を指摘した。また、今回の中国艦隊の保有兵器に関連して(1)キロ級潜水艦が搭載する超音速のSS-N22サンバーン艦対艦ミサイルが有事の際、日本の自衛隊艦艇への大きな脅威となる(2)ソブレメンヌイ級駆逐艦が搭載する超音速SS-N27シズラー艦対艦ミサイルも自衛隊への脅威となるほか、米軍艦艇への接近拒否の威力を発揮できる-ことを指摘した。



中国に抗議をしないせいで
中国軍を無用に増長させ、
将来の軍事的衝突というリスクを高めてしまいます。

中国は世論の反応もしっかりウォッチしています。
結論は「日本与し易し」でしょう。

少なくとも小泉、安倍、麻生首相なら
ここまでの挑発はされなかったはずです。


【日々是世界 国際情勢分析】“呪縛の墜落”が映し出したポーランドの強さ
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/
100420/erp1004200754001-n1.htm
4月10日にロシア西部で墜落したポーランド政府専用機はツポレフ154という旧ソ連製だった。ポーランド軍将校ら2万人以上がソ連(当時)によって大量虐殺された70年前の「カチンの森事件」の犠牲者追悼に向かう途上だっただけに、同国のクワシニエフスキ前大統領は事故後、「のろわれた森だ」と漏らした。しかし、AP通信は、ツポレフ154もいかにのろわれた航空機だったか、発生当日の速報で伝えている。2001年7月、ウラジオストク航空機、06年9月、イラン・エアツアー機…。AP通信の調べによると、この17年間で同型機が16機墜落し、1700人以上が犠牲になった。墜落原因は人為ミスや老朽化だけではない。01年10月に、ウクライナで軍事演習中に誤爆されたり、04年8月には、チェチェン武装勢力による自爆テロで爆破されたりもしている。同機を気に入り新型機の更新を控えていたという故カチンスキ大統領は同機とともに因縁の地で生涯を閉じた。しかし、新たな墓標は決して、この1世紀にわたるポーランドの悲劇の連鎖ではない。12日付の米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)(電子版)は、事故後、国内では「誰が国を運営するのか、いつ次期大統領が選ばれるかをめぐる不安や陰謀の動きは何もなかった」と指摘。歴史に翻弄(ほんろう)されていた時代とは違い、国の中枢を司(つかさど)る要人を多数失っても、民主憲法に守られた国家機構はぐらつかなかったと伝えた。東西冷戦後、同国は民主国家としての基盤を強固にし、安定した経済成長も継続している。昨年は欧州連合(EU)加盟国で唯一のプラス成長を達成した。WSJは「この20年間で、ポーランドは退廃したソ連の衛星国から欧州の大国への転身を果たした」とし、「歴史の類似性は終焉(しゅうえん)したのだ」と論じている。一方、13日付の国際紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューンも「ポーランドの栄光」として同様の見解を紹介。ポーランドを不幸な歴史に巻き込んだドイツ、ロシアとはすでに平和的な関係を樹立していると評価し、キルギス、イランなどに対して、自由と安定を享受するためにはどうしたらよいかを「ポーランド人に聞け。彼らならその方法を知っている」と説いている。



AP通信も、ウォールストリートジャーナルも
ヘラルドトリビューンもそろって必死です。

非科学的できわめて強引なロジックによって
悲劇から一転して、”ポーランドの栄光”へと
見事に印象操作しています。

終いには、キルギス、イランを恫喝する始末。
ますます米国関与の疑いが強くなったと言わざるをえません。
コワイコワイ。


ウラン国外輸送で対立の解決可能 米、イランに譲歩要求
http://www.47news.jp/CN/201004/
CN2010042001000099.html
【ワシントン共同】クローリー米国務次官補(広報担当)は19日の定例記者会見で、ウラン濃縮活動をめぐる米欧とイランとの対立は、イランが低濃縮ウランを国外に輸送し、研究用原子炉の燃料として返還を受ける計画に今からでも合意すれば、解決可能だとの考えを明らかにした。オバマ政権内でイランに対する「軍事的選択肢」の策定準備が進んでいるとの報道も出始めたが、次官補は、国連安全保障理事会での追加制裁決議を回避できる外交的解決策の選択肢を示し、イランの譲歩を求めた。低濃縮ウランを国外に輸送する計画は、核兵器への転用防止のため昨年9月に米欧が国際原子力機関(IAEA)側に提示し、草案という形にまとまった。イランは年末の交渉期限までに受け入れず、追加制裁決議への流れが強まった。クローリー次官補は、米国が同計画に「今も関心を抱いている」と述べた上で、イランに応じる考えがあるなら「IAEAに正式に伝えることが必要だ」と話した。一方、ギブズ米大統領報道官は19日の定例会見で、イランがウラン濃縮施設の新設に言及していることに対し「イランの物言いは、実際の能力と必ずしも一致しない」と指摘した。



一方で軍事的圧力を匂わせ、
もう一方で平和的オプションを提示。
もしイランがオプションに応じそうなそぶりを見せたら
さらに要求をエスカレートさせると。





ポチッで救えるブロガーがいる。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2010/04/20 17:50 ] 米国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

malt vinegar

Author:malt vinegar
神奈川在住の男性。テレビはチャンネル桜、新聞は産経ネットビューしか見ない。そんな私も若いころは左巻き。未来は現在においてつくられる。

クリック募金
クリックで救える命がある。
カレンダー(月別)
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
産経・読売ニュース
最新記事
中吊り
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。