FC2ブログ
どこまでも、どこどこまでも、果ての果てまで、断固として、徹頭徹尾、徹底的に便所の落書きですよ。なんだか全体的に右に曲がっているように見えますけど、気にしないでくださいね。ただの癖ですから。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

社民党首のパートナーが日弁連事務総長に

アメリカ人は科学、経済、政治等あらゆる分野において
世界トップレベルの人、モノ、組織を世に送り出していますが、
そのトップレベルの貯金で平均値を大きく上げている
という構図があります。

逆に日本人はトップレベルの数が少ないため平均値も劣りますが
中央値のレベルはアメリカよりも圧倒的に高いですね。

日本人の強みは「中央値の高さ」にあると思います。
その強みをなくさずに、トップレベルの人、モノ、組織を
作り出すことが日本の課題でしょう。


米国人の半数が「温暖化は誇張されている」と回答 世論調査http://sankei.jp.msn.com/world/america/
100312/amr1003120846003-n1.htm
【ワシントン=渡辺浩生】米ギャラップ社による最新の世論調査で、米国人の約5割が、地球温暖化の深刻さは「誇張されている」と考えていることが分かった。温暖化を脅威とみる割合も大幅に減少。人類の活動が温暖化を進めていると指摘した国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書など科学者の研究にデータの誇張や改竄(かいざん)疑惑が発覚したことなどが影響したようだ。ギャラップ社によると、48%が温暖化の深刻さは「一般的に誇張されている」と回答。昨年の41%から増加し、この質問を開始した1997年以来、最高の割合となった。また、温暖化の影響は「すでに始まっている」「数年以内に始まる」と答えた人は53%で、依然過半数を維持しているものの、昨年の58%から減少。逆に「起こりえない」「生きている間には起きない」と答えた人は35%で、昨年の31%から増加した。さらに、温暖化は「自分自身に深刻な脅威を与える」と考えている人も昨年の38%から32%に減少した。一方、温暖化の原因について「人類の活動」とする人は2008年の58%から50%に減り、「自然が原因」とする人は38%から46%に増えている。温暖化に懐疑的な人が増えている背景について、ギャラップ社は(1)温暖化の証拠をめぐる科学的な不正疑惑の発覚(2)今冬の記録的な降雪や低気温-を挙げている。



私も現在の地球温暖化のシナリオには大いに疑問をもっています。
少なくとも巷間騒がれるほど致命的なものではないだろうと思っています。

でも、アメリカ人の大半も同じように考えているとなると
自分の考えもまちがってっているんぢゃないかと
なんだか落ち着かなくなります。

でも、温暖化の影響は「すでに始まっている」「数年以内に始まる」と
答えた人がまだ53%がいるというので、妙に安心しました。

温暖化に懐疑的になった理由の
今冬の記録的な降雪や低気温っていうのも素敵です。www
変わってないぢゃん、アメリカ人。


オバマ大統領、輸出倍増計画を発表
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye
4377173.html
アメリカのオバマ大統領は11日、経済再建のために輸出を倍増させる計画を発表し、各国に市場開放を求めていく考えを打ち出しました。「今後5年間でアメリカの輸出を倍増させる目標を設定しました。それによって200万人の雇用が創出されます」(オバマ大統領) 11日、輸出入銀行の総会に出向いて演説したオバマ大統領は、今年の一般教書演説で打ち上げた輸出倍増の目標に向け、輸出促進閣僚会議の設置や輸出金融の拡充など具体的な支援策を発表しました。失業率が高止まりする中、オバマ大統領は、「輸出が10億ドル増えるごとに雇用が6000人増える」と露骨な表現で輸出の意義を説き、今後、各国に強い姿勢で市場開放を迫る考えを鮮明にしました。中でも成長の著しいアジア地域については、アメリカの繁栄の基盤だとターゲットに位置づけ、中国に対しても為替相場をより柔軟にするよう求めました。「中国がより市場に対応した為替レートに移行することは、世界の貿易不均衡の是正のために 極めて重要です」(アメリカ オバマ大統領)12日の演説によって、発足1年以上を経て、オバマ政権の通商政策がようやくまとまった形ですが、焦点のWTOドーハラウンド交渉では、安易な妥協はしないというメッセージをはっきり送ったことになります。(。



オバマ政権も本来の民主党の姿に戻ったようです。
まだ「人権カード」はあまり切っていないようですが、
伝統的に反日、親中、保護主義です。

ドル安、元高、円高、デフレが進行したら
日本経済は持ちこたえられるでしょうか。
失われた20年が30年にならないことを祈るばかりです。


日弁連次期事務総長に海渡氏…社民党首の夫http://www.yomiuri.co.jp/national/news/
20100311-OYT1T00038.htm
日本弁護士連合会(日弁連)の次期会長に内定した宇都宮健児氏(63)は10日、事務局を束ねる事務総長に、弁護士で社民党党首の福島消費者相の夫、海渡(かいど)雄一氏(54)(第二東京弁護士会)を充てる方針を明らかにした。事務総長は日弁連の中でも、最高裁、法務省や政党との交渉窓口となる要のポスト。海渡氏は1981年に弁護士登録し、NPO法人「監獄人権センター」の事務局長を務め、原発設置や航空機事故を巡る訴訟を数多く手がけてきた。


そうですか、中核派で、グリーンピースジャパンの理事長で
福島瑞穂氏の”パートナー”が日弁連事務総長ですか。

サヨクはいま、この世の春を謳歌していることでしょう。

フカイタメイキ(;д;)=3=3=3=3




ポチッで救えるブロガーがいる。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2010/03/12 16:24 ] 米国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

malt vinegar

Author:malt vinegar
神奈川在住の男性。テレビはチャンネル桜、新聞は産経ネットビューしか見ない。そんな私も若いころは左巻き。未来は現在においてつくられる。

クリック募金
クリックで救える命がある。
カレンダー(月別)
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
産経・読売ニュース
最新記事
中吊り
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。