FC2ブログ
どこまでも、どこどこまでも、果ての果てまで、断固として、徹頭徹尾、徹底的に便所の落書きですよ。なんだか全体的に右に曲がっているように見えますけど、気にしないでくださいね。ただの癖ですから。

小沢を訪米させるな

先週末と昨日とチャンネル桜で
皇位継承問題に関する討論を見ました。

ものすごく白熱しておもしろかったのですが
残念だったことがあります。


まず最初に議論を始める前に、男系派であれ、女系容認派であれ
日本にとってたいせつな財産である皇室の価値を高めるための
議論であるという確認をしてほしかったです。

おもに男系派に言いたいのですが、
今後女系天皇が誕生する可能性があることも認識していながら
結果として、女系天皇の価値を貶めることになりかねない
発言が多かったことです。

男系を護持するために必死になるのはわかりますが
発言にはもう少し配慮が必要だと思います。
それを防ぐために議論の前にイニシエーションをやってほしかったです。

皇位継承について私の意見としては、
とりあえずなるべく早めに保険だけは
かけておいてほしいですね。
皇室の価値を貶めないためにも。

米紙“小沢氏 来月にも訪米”
http://www.nhk.or.jp/news/t10013072131000.html
アメリカの有力な新聞「ニューヨークタイムズ」は、沖縄の普天間基地の移設問題などでぎくしゃくした日米関係の改善を目指し、民主党の小沢幹事長が、早ければ来月にもワシントンを訪問する方向で調整が進められ、オバマ大統領との会談が行われる可能性もあると伝えました。ニューヨークタイムズは、8日付けの紙面で「アメリカが真の権力に手を伸ばす」という見出しの記事を掲載しました。それによりますと、民主党の小沢幹事長を「王座の陰にある真の権力」だと評したうえで、オバマ政権の高官が、普天間基地の移設問題などでぎくしゃくした日米関係の改善を目指し、小沢氏を早ければ来月にもワシントンに招請する方向で、ひそかに交渉を進めているということです。そして、この訪問が実現すれば、オバマ大統領との会談が行われる可能性があるとしています。その一方で、同じ記事の中で、こうした動きは、オバマ政権が小沢氏を日本の権力の中心と見ているというメッセージを送ることになり、指導力不足という批判にさらされている鳩山総理大臣の権威をさらに損ないかねないという複数の専門家の見方も伝えています。



トヨタにマグロにイルカ。
アメリカさんの圧力がパねえ状態になってきました。

お前らがアメリカに喧嘩売るからだって言っても
たぶん本人は覚えていなし、自覚もないんでしょう。

この記事がトバシであることを祈っていますが、
この状態で人民解放軍野戦司令官オザワンが
アメリカに行ったら、ものの5分で何兆円も出しかねません。

国税さん、特捜さんは日本の資産を守るために
大至急、脱税総理と野戦司令官を回収してください。


民主党の「中国留学組」が大活躍、日中関係の深化に大きな期待―華字紙
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=40314&type=1
2010年3月6日、日本の華字紙・中文導報は、昨年秋に新政権を握った民主党の「中国留学組」議員たちが大活躍をしていると紹介した。 少し前に行われた政府による「事業仕分け」。ここで名を馳せた2人の女性議員はいずれも「中国留学組」だ。蓮舫参院議員は北京大学、菊田真紀子衆院議員は黒竜江大学。このほか、武正公一外務副大臣は山西大学、近藤昭一衆院議員は北京語言大学、高邑勉衆院議員は北京大学、手塚仁雄衆院議員は南京大学で学んだ経験を持つ。 これ以外に、山口壮衆院議員は外交官として北京の日本大使館に勤めていたことがあり、海江田万里衆議院議員も流暢な中国語を話し、中国の漢詩に造詣が深いことでも知られている。 野党にも中国と関わりの深い議員がいる。公明党の西田実仁参院議員は北京語言大学での留学経験があり、自民党の村田吉隆衆院議員はかつて大蔵省の職員として北京の日本大使館に勤務していた。また、自民党の加藤紘一元幹事長、武見敬三前衆院議員は台湾で、三浦一水元参院議員は天津の南開大学での留学経験がある。 記事は、現在の日中関係に最も必要なことは、両国の国民感情の改善だとした上で、こうした中国の実情をよく理解した政治家が、今後の日中関係のさらなる発展に大きな役割を果たすことを期待したいと締めくくった。(翻訳・編集/NN)


おまけに新駐日中国大使は創価大学出身。
なんだか背筋の寒くなる思いがします。

日米安保に影響なし」非核三原則も堅持 岡田外相
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/
100309/plc1003091625019-n1.htm
日米密約に関する有識者委員会の報告書提出を受け9日午後、記者会見した岡田克也外相は、「密約調査で日米安保体制の運用に影響を及ぼすとは考えない」と述べた上で、「米国の核政策の変更によって平成3年以降は、核が(日本に)持ち込まれたことはないと考えている。非核三原則を見直す考えはない」として、引き続き非核三原則を堅持する考えを表明した。また、岡田外相は、密約について「これほど長期間にわたり冷戦後も国会、国民に明らかにされてこなかったことは極めて遺憾だ」と表明。そのうえで、外務省に「外交記録公開・文書管理対策本部」を設置する考えを示した。
日米密約有識者委員会のメンバー
北岡伸一東大教授(座長)=日本政治外交史▽波多野澄雄筑波大教授=近代日本外交史▽河野康子法政大教授=戦後日本政治史▽坂元一哉大阪大教授=日米関係論▽佐々木卓也立教大教授=米国外交史▽春名幹男名古屋大大学院教授=国際報道論



核持ち込み」日米密約認定 外務省有識者委報告http://www.47news.jp/CN/201003/
CN2010030901000567.html
日米4密約問題を調査した外務省有識者委員会(座長・北岡伸一東大教授)は9日、報告書を岡田克也外相に提出した。日米安全保障条約改定時(1960年)の核持ち込み容認と沖縄返還時(72年)の原状回復費肩代わり、朝鮮半島有事の米軍出動をめぐる合意の三つを密約と認定。沖縄返還決定時(69年)の沖縄核再持ち込み合意については、政府内で引き継がれていないことなどを理由に認定しなかった。昨秋の政権交代を受け、岡田外相が「国民の理解と信頼に基づく外交」実現に向け取り組んだ解明作業で、唯一の被爆国でありながら米国の「核の傘」に依存してきたことを背景に形成された「政府のうそと不正直」(報告書)が明白になった。「持ち込ませず」などとした非核三原則と矛盾する密約の内容を今後、鳩山内閣が対米外交上、どう扱うのかが焦点となる。政府は「密約はない」としてきた見解を変更、米核搭載艦船の寄港の有無に関しても「分からない」とする。報告に伴い約330種の文書を開示したが、委員会は重要文書がなくなっているとして「遺憾」の意を表明、文書の保管・公開の在り方見直しを求めた。


まず座長の北岡伸一氏はあの日中歴史行動研究でも
日本側座長でした。その人がまた座長を務めています。
日本の歴史は彼によって大きく書き換えられてしまいそうです。

唯一の被爆国が核の傘に守られちゃいけないのですか?
ちなみに日本が唯一の被爆国ではありません。
トルクメニスタンも中国に実験という名で原爆を落とされています。

被爆国は抑止力も放棄して、核兵器の危機に耐え続けろとでも?
机上の空論はいい加減にしてほしいものです。

それはそれとして、岡田もあいかわらずです。
突っ込むだけムダなのでスルーします。




ポチッで救えるブロガーがいる。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2010/03/09 17:50 ] 民主党 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

malt vinegar

Author:malt vinegar
神奈川在住の男性。テレビはチャンネル桜、新聞は産経ネットビューしか見ない。そんな私も若いころは左巻き。未来は現在においてつくられる。

クリック募金
クリックで救える命がある。
カレンダー(月別)
07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
産経・読売ニュース
最新記事
中吊り
FC2カウンター