FC2ブログ
どこまでも、どこどこまでも、果ての果てまで、断固として、徹頭徹尾、徹底的に便所の落書きですよ。なんだか全体的に右に曲がっているように見えますけど、気にしないでくださいね。ただの癖ですから。

これからは脱中入A

連合、UIゼンセン同盟、自治労、
自動車総連、日教組、●●組、基幹労連、情報労連、
立正佼成会、全日遊連、日遊協、部落解放同盟、
在日本大韓民国民団、在日本朝鮮人総聯合会、
中国共産党の皆様、民主党の支持率が落ちています。
必死で支えてみたらいいんぢゃないでしょうか。

小林千代美議員も簡単に辞めないでくださいね。
脱税総理に、小沢さんに、石川さんだって堂々と
居座ってるんですから。

いいと思いますよ。
民主党はそういう党なんだっていうことを
しっかりと国民に理解してもらうために。
逮捕されても議員職にしがみついてください。


北教組問題】日高支部が「国旗国歌排除マニュアル
http://sankei.jp.msn.com/life/education/
100304/edc1003040014000-n1.htm
政治資金規正法違反容疑で組合本部の幹部が逮捕された北教組の道内21支部のうち北教組日高支部が今春の小中学校の卒業式・入学式での国歌・国旗の適切な取り扱いをさせないために「『日の丸君が代』強制に反対するとりくみについて」と題した“闘争マニュアル”を作成、支部内の学校に配布していたことが3日、わかった。「マニュアル」には掲揚・斉唱阻止に向けた綿密な指示とともに「学校から完全排除」を掲げている。教師の違法な選挙活動だけでなく、学習指導要領に定められた式典での国旗掲揚や国歌斉唱への妨害も野放しに近い状態になっていることを示す内容になっている。「マニュアル」では教師仲間の事前の学習で、国旗・国歌への反対の意志統一をする重要性を指摘。その際のポイントとして国旗や国歌が(1)憲法の主権在民や良心の自由を侵害(2)侵略戦争のシンボル(3)今でも日本経済の海外進出や政治大国、軍事大国のシンボル(4)掲揚や斉唱を通じて改悪学習指導要領の徹底につながる-という観点で共通理解を図るよう求めた。さらに、国旗や国歌は「天皇を中心とした国家主義的な日本人としての自覚をもたらす役割」を持っており「文部科学省が天皇制のもと、侵略戦争・植民地支配の歴史を隠蔽(いんぺい)し、国際化の美名の下、ハイテク時代における日本人の海外進出拡大のため『国際競争に勝ち抜く大国日本人の自覚』を求める人づくりを目指すもの」ととらえるよう求めている。そのうえで学校から完全排除する「戦い」を呼びかけている。具体的には校長への抗議だけでなく「立て看板の設置」「式典当日の進行表から国旗国歌の文言の排除」などを提唱。ワッペン・リボンを着用した戦いや、式典会場でなく校舎屋上への掲揚に変えさせる取り組みを紹介。それがダメなら「可能な限り見えない位置での掲揚」といった段階別の戦術を提示している。校長に突きつける交渉材料として(1)お祭りへの参加など「町から(学校への)の依頼業務の拒否」(2)超過勤務の拒否(3)新規の教育研究活動などへの非協力-などを組合の「対向戦術」に挙げている。一方で戦術を行う際には「物理的抵抗はしない」「PTAに関することは状況を把握し、保護者を敵に回さないよう配慮する」「超勤拒否は部活動は除く」などと批判回避にも入念に配慮した内容となっている。


日本経済の海外進出も、日本人としての自覚も
日本の国益に適うものは全部ダメなんですね。

ハイテク時代における云々というくだりがどうにも可笑しいです。
その異常なまでの熱意の、ほんのひとかけらでも教育に
注ぎ込んでくれたら....

戦争時の自動介入条項修正」 北朝鮮が中国に同盟条約改正を提案
http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=
2010030440128
北朝鮮が中国に対し、「中朝友好協力相互援助条約」の「自動介入」条項修正を求め、両国で論議が起こっているという。 3日、北京のある北朝鮮情報に詳しい消息筋は、北朝鮮が、昨年5月の核実験後の制裁局面の打開に向け、中国と接触する際、条約改正を提案したと、北朝鮮官僚らの言葉を引用し伝えた。昨年10月、中国の温家宝首相が、平壌(ピョンヤン)を訪れ、金正日(キム・ジョンイル)総書記と会談の際、国営新華社通信などが報じた会談内容には、「自動介入」条項の改正議論があったかどうかは、報じられなかった。しかし、同消息筋は、北朝鮮側が提案した「自動介入」条項を改正するかどうかは大きな懸案であり、金総書記の訪中議題にも含まれていると話した。 北朝鮮が、両国の軍事同盟関係を支える中心的な役割となる同条約修正を求めたことが明らかになったのは、今回が初めて。61年7月に締結された「友好協力および相互援助に関する条約」は、条約修正または廃棄において、いずれか一方の締約国が意見を提示しても、他方の締約国が同意しない限り有効だ。条約第2条は、「いずれか一方の締約国が、いずれかの国または同盟国家群から武力攻撃を受け、それによって戦争状態に陥ったときは、他方の締約国は、直ちに全力で、軍事上その他の援助を与える」と規定している北朝鮮は、同条項に対し、「一方の締約国の要請がある場合」、他方の締約国が軍事援助などの介入ができるように修正することを提案しているということだ。 北朝鮮が、「自動介入」条項の修正を求めたのは、北朝鮮の意志とは関係なく、中国が介入する事態を憂慮しているためだという。金総書記は、後継体制の安定のためには、後継者に対する中国の支持が必要だが、「不必要な影響力の拡大」も牽制する必要があると考えており、その場合、「自動介入」条項は修正が必要だと判断していると、同消息筋は伝えた。 北朝鮮は、中国は同盟国だが、経済援助などを理由に影響力が大きくなることを警戒してきたと、北朝鮮専門家らはみている。90年代中盤から後半の「苦難の行軍」の時期に北朝鮮が、中国に助けを求めなかったのも、そのためだという。 国家安保戦略研究所の朴ビョングァン博士は、「北朝鮮が条約改正を提案したとすれば、米国との関係改善、さらに平和協定の締結が切実な状況で、中朝間の軍事同盟条約の『自動介入』条項に、障害になると判断した可能性もある」と指摘した。北朝鮮としては、中国の影響力も牽制し、米国と平和協定を結ぶため、非核化以外にさらなるカードとして活用するなど、一挙両得になるということだ。 しかし、国内の別の北朝鮮専門家は、「核実験後の制裁局面を打開するために、中国の支持がいつになく必要な時に、両国の同盟の中心である条約の改正を提起することは、両国関係を疎遠にする可能性があり、状況と合致しない」と疑問を示した。


北朝鮮ツンデレ外交はどこへ行く。
ヂョンイルもマサグモへの権力委譲を
早く中国に認めてもらいたいという事情もあるでしょう。

日ASEANインフラ整備案判明 15兆円規模
http://www.47news.jp/CN/201003/
CN2010030401000157.html
【シンガポール共同】東南アジア諸国連合(ASEAN)が日本などと共同で推進する1700億ドル(約15兆円)規模の広域インフラ整備・資源開発の実行計画案が4日、明らかになった。交通・通信網などを大幅に強化し、中国やインドと並ぶ巨大な産業集積圏づくりを目指す。事業は各国に開かれた入札で実施されるが、日本が計画策定を主導しており、国内企業の投資を促すことで中国の進出が進む同地域での影響力確保を図りたい考えだ。計画案は、域内を(1)メコン川流域(2)インドネシア、マレーシア、タイ(3)フィリピンやカリマンタン島など東ASEAN―の三つの重点開発地域に区分。経済格差縮小へ向け、タイ中央部とミャンマー南部のダウェ港を結ぶ高速道路や、カンボジアとラオスなど周辺国を網羅する高速通信網を築く。さらにインドシナ半島を横断する天然ガスパイプラインや発電所などエネルギー関連インフラも増強。事業総数は約600件に及ぶ。うち約460件(約1千億ドル)は日中など主要国やアジア開発銀行(ADB)の資金協力で実施。残る700億ドルは各国政府と民間投資による官民共同事業の枠組みで充当する方向だ。



猫も杓子も中国という巨大マーケットに夢中だったわけですが
下手すれば、ひさし貸して母屋取られかねない状況です。

中国よりもマーケットは小さくても、
日本を軍事的にも、経済的にも侵略する意思のかけらもない
ASEANとのお付き合いは大事にしなければなりません。

時間も金もかかりますが、
惜しまずに投資をして、よりよい補完関係を築きましょう。
これからは脱中入A、です。

でも、中国においしいところを持って行かれないように
しっかりと外交を行ってください。














ポチッで救えるブロガーがいる。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2010/03/04 17:46 ] 北朝鮮 | TB(0) | CM(1)
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2010/03/05 21:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

malt vinegar

Author:malt vinegar
神奈川在住の男性。テレビはチャンネル桜、新聞は産経ネットビューしか見ない。そんな私も若いころは左巻き。未来は現在においてつくられる。

クリック募金
クリックで救える命がある。
カレンダー(月別)
07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
産経・読売ニュース
最新記事
中吊り
FC2カウンター