FC2ブログ
どこまでも、どこどこまでも、果ての果てまで、断固として、徹頭徹尾、徹底的に便所の落書きですよ。なんだか全体的に右に曲がっているように見えますけど、気にしないでくださいね。ただの癖ですから。

傍論に暴論を書いた園田氏がやや反省

売国王小沢の家訓に「言い訳するな」があるらしいですが
事務的なミスだの、石川は国会議員になる前の件だから
辞める必要がないだのなんだのっていうのは
言い訳以外の何物でもないでしょう。

「ひとの悪口をいうな」も家訓だそうですが
半島に行って日本人は自立心がないだのなんだの
さんざん日本人の悪口を言っていましたが?

そして、外国人参政権は韓国と民団に対する公約だと
抜け抜けとほざいています。

その民団が綱領を書きかえたとあったので調べてみたら
本当に書きかえてありました。

大韓民国の国是を遵守する
在日韓国国民として大韓民国の憲法と法律を遵守します。



大韓民国の国是を遵守する
国是とは、国民が認めた一国の政治の基本的な方針のことです。
私たちは韓国の国是である自由と民主主義、祖国の平和統一を
支持し、その実現に向け在外国民の立場から努力していきます。



日本にいながら、在日特権の恩恵に浴しながらも
韓国の国是と憲法と法律を守りますという民団。

民主党はこの異常な綱領を掲げていた民団の選挙協力を受け
バーターで外国人痴呆参政権を与えようとしています。

そんな民団の支持を受ける民主党に政治をまかせていたら
歴史認識も竹島問題も解決しないどころか
国が売られ、滅びてしまいます。

国を売り儲けた金で不動産を買う小沢。
小沢を擁護するハト山首相以下内閣の面々。
小沢の言うがままに動く小沢ガールズ&チルドレン。

参院選ではきっちりと落とし前をつけてもらいます。

政治的配慮あった」外国人参政権判決の園部元最高裁判事が衝撃告白
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/
100219/plc1002190020000-n1.htm
平成7年の最高裁判決が永住外国人への地方参政権(選挙権)付与に関し、判例拘束力のない「傍論」部分で「憲法上禁止されていない」との判断を示した問題で、判決に加わった園部逸夫元最高裁判事は18日までに産経新聞に対し、「(在日韓国・朝鮮人を)なだめる意味があった。政治的配慮があった」と明言した。さらに判決に際し、地方参政権付与の対象者につい「(在日韓国・朝鮮人ら)非常に限られた永住者に限定する」ことを想定したとし、民主党などが「一般永住者」にも与えようと検討していることを「ありえない」と批判した。園部氏が判決の背景として、「政治的配慮」に言及したことは、最高裁判決の当事者としては極めて異例の発言といえる。判決は特別永住者に限らず、経済的基盤を日本に持ち10年以上在留など一定要件を満たせば得られる「一般永住者」についても、参政権を付与する案の根拠とされている。この点について園部氏は「(一般永住者に)選挙権を即、与えることは全然考えていなかった」と語った。同法案を政府提出とすることにも「賛成できない」と表明した。判決理由については、「憲法の地方自治の本旨に従って、特定地域と非常に密接な関係のある永住者に、非常に制限的に選挙権を与えることが望ましいと判断した」と証言。歴史的経緯があり、何世代にもわたり日本国内に在留する韓国人、朝鮮人、台湾人に限り、住み続けている地域に限定して地方参政権を付与することは、「全く憲法違反だとは言い切れないという判断だった」という。園部氏は当時の判決について「金科玉条で一切動かせないとは考えていない」と述べ、時代の変化に合わせ見直すことも可能だとした。
■外国人地方参政権に関する最高裁判決 永住外国人に地方参政権を認めない公選法などの規定は、住民自治を定めた憲法に違反すると、在日韓国人9人が起こした訴訟の上告審で最高裁第3小法廷は平成7年2月、「憲法上、わが国に在留する外国人に対し、選挙の権利を保障したものではない」とした一審判決を支持し、原告の請求を棄却した。ただ、判決理由の判例拘束力のない「傍論」部分で「永住外国人に対し、地方レベルの参政権を法律をもって認めることは憲法上禁止されていない」との判断も示し、地方参政権付与推進派を勢いづかせた。



火病持ちをなだめるためとはいえ、園部さんの責任は重いです。
しかも特別永住者には歴史的背景から認めてもいいと
いうのはまったく賛成できません。

かられは自分自身の意志で日本に残っていた人か
その末裔です。

長尾一紘教授はしっかりと転向しましたが、
園田判事は多少の反省は見られるものの問題があります。

園田さん、あなたが余計な傍論に暴論を書いたおかげで
われわれは亡国の危機に直面しています。
そのことの意味をしっかりと考えてほしいものです。

北崩壊時中ロ共同で北朝鮮占領の可能性も、米研究者
http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/
2010/02/19/0300000000AJP20100219000400882.
HTML
【ワシントン18日聯合ニュース】米ハドソン研究所のリチャード・ワイツ上席研究員は18日、韓米経済研究所主催の討論会に出席し、「ロシアと南北韓:過去の政策と未来の可能性」と題した研究論文を発表。北朝鮮が崩壊した場合、中国軍とロシア軍が共同で占領するシナリオが考えられると述べた。北朝鮮が崩壊すると、人道的次元の災害が生じるのを防ぐと同時に、北朝鮮の核爆発装置や武器がテロリストや犯罪者、不良政権の手中に渡る前にこれらを確保するため、他国も軍隊を北朝鮮に送ることを考慮する可能性があると見通した。その上で、「中国とロシアが、米軍が自分たちの国境に近付くことを許す前に、その地域(北朝鮮)を占領することを望むことが考えられる」と分析した。中ロはすでにこうした共同占領の総練習となり得るウォー・ゲームを実施していると述べ、2005年8月に北朝鮮に近い地域で重要な軍事訓練を行ったことなどを指摘した。また、中国指導部は北朝鮮の大量破壊兵器(WMD)資産封鎖や人道的支援提供に向け、中国軍が直接動いたり米軍の北側への配置を受け入れるよりも、ロシア軍が北朝鮮を占領することを望む可能性もあるとした。大半の米官僚は北朝鮮が核保有国になることを防ぐため、朝鮮半島の統一や北朝鮮の崩壊を含む一部不安定を受け入れるだろうが、ロシアは北朝鮮の政権交代に伴う無秩序よりも現状を望むのではないかとし、「そこが米国とロシアの最大の違い」だと説明した。このほか、北朝鮮が核を放棄するなど温和な立場にシフトする場合はロシアによる原子力発電プログラムへの転換支援、ミサイル発射を中断する場合は同じく宇宙探査プログラムの支援が考えられると予想した。



統一朝鮮は日米中露いずれにとっても面倒な問題です。
日米にとっては、統一朝鮮が共産主義になるのは厄介です。

そして、統一朝鮮が民主主義になると、
中露にとっても、日本にとっても厄介なことになります。

一定の経済規模と核兵器も軍事力を持ち、
反日感情を抱く統一朝鮮は日本にとって脅威です。
米国にとってはベストシナリオかもしれませんが。

日本にとっては朝鮮半島を分断したまま
核兵器を除去できればベストですが
中露共同での北朝鮮占領も最悪とは言えないでしょう。
そのうち権益をめぐって中露がぶつかるというのは
日本にとってもおもしろい展開ですね。

中国、インド洋の覇権狙い相次ぎ港湾建設
http://www.chosunonline.com/news/
20100218000041
南アジア戦略の重要拠点に港湾を建設し連結、インドを「封鎖」
「中国がインドの周辺に港や勢力拠点の構築を進めようと血眼になっている」
インドのカンワル・シバル元外務次官は17日付の米紙ニューヨーク・タイムズのインタビューで、「中国が南アジアでインドの影響力を弱体化させ、地域のバランスを崩そうとしている」と語った。中国がインド周辺の南アジア各国の戦略的な重要地域に相次いで港を建設していることで、核保有国である両国間の緊張も高まっている。両国は昨年、カシミールとヒマラヤの領土問題をめぐり、武力衝突直前の状態にまでなった。年が明け、竜(中国)と象(インド)の戦いの舞台は、陸地からインド洋に移った格好だ。中国は国家戦略として、自国に友好的な南アジアの港湾確保を進めてきた。海賊の出没など治安の悪化でますます危険度が高まるインドネシア-マレーシア間のマラッカ海峡を通らず、インド洋に陸路で出られるルートを開くためだ。急速な経済成長によりもたらされた資金で南アジア諸国に接近し、インドの周辺を固めようという狙いだ。インドの北西には、中国が開発を進めるパキスタン南西部のグワダル港がある。グワダルは、中央アジアからアラビア海に抜ける地域の物流のハブだ。中国の新疆ウイグル自治区とイランが、グワダルを通じて結ばれる。これで中国は、湾岸の石油をグワダル港経由で内陸に直接輸送できるわけだ。一方、インドの南東には、スリランカのハンバントータ港がある。ハンバントータはもともと小さな漁村で、中国の貨物船は沖合を行き交っていた。ここに中国は、10億ドル(約911億円)を投じ、国際貿易港を建設中だ。中国の技術で港湾を建設するだけでなく、建設費の85%を中国国営輸出入銀行が低利で融資した。中国は米国や世界銀行のように、借款や開発事業の見返りに人権問題の改善や腐敗の徹底排除など、難しい条件は掲げない。投資を求める開発途上国が歓迎するのは当然のことだ。ニューヨーク・タイムズは、「中国は周辺国の重要な港を真珠の首飾りのようにつなげ、インドを戦略的に包囲している」と分析した。米外交専門誌の『フォーリンポリシー』電子版は、「両国の対立の構造的背景には結局、誰がアジアのリーダーになるかという問題がある」と分析した。李泰勲(イ・テフン)記者



インドは日本にとって対中戦略で共同歩調をとることができ
民主主義と自由経済という価値観を共有する
経済的にも補完関係を築ける大事なパートナーです。
ぜひご相談にのって差し上げましょう。

日本は中国と領土問題をかかえるインド、フィリピン、ベトナム、
マレーシア台湾、ブルネイあたりとしっかりと二国間関係を
築くために中国向けODAを全部これらの国に割り振ればいいんです。




ポチッで救えるブロガーがいる。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2010/02/19 18:17 ] 中国 | TB(0) | CM(2)
本当に「やや」ですね
園部は「無理やり連れてこられて、参政権がほしいのなら帰化すればいいというのは、先祖を大切にする韓国人にとっては簡単なことではない」なんてのたもーてますよね。全然的外れですv-16

ツェッペリンに激しく反応してしまいました。かっこよすぎv-238プラントのヴォーカルは「楽器」ですね!
[ 2010/02/20 23:51 ] [ 編集 ]
No title
園田元判事も長尾一紘教授のようにしっかりと心を入れ替えてもらわないと。いかにも中途半端な転向には保身もあるのでしょう。

ツェッペリンは再結成よりも、ハニドリッパーズ路線のほうが賢明だと思うんですがねえ。それにしてもロバートプラントとジミーペイジを日本で見たいです。
[ 2010/02/21 17:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

malt vinegar

Author:malt vinegar
神奈川在住の男性。テレビはチャンネル桜、新聞は産経ネットビューしか見ない。そんな私も若いころは左巻き。未来は現在においてつくられる。

クリック募金
クリックで救える命がある。
カレンダー(月別)
07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
産経・読売ニュース
最新記事
中吊り
FC2カウンター