FC2ブログ
どこまでも、どこどこまでも、果ての果てまで、断固として、徹頭徹尾、徹底的に便所の落書きですよ。なんだか全体的に右に曲がっているように見えますけど、気にしないでくださいね。ただの癖ですから。

前原が胆沢ダムの談合を検証

小沢の北朝鮮への密使は大連で売国交渉を行っているんですね。
われわれは絶対に許しません。
詳細は青山さんの解説でどーぞ。

ヒゲの隊長こと佐藤正久議員がご自身のHPで
例の”訓辞”について北澤防衛大臣を批判しています。
佐藤議員と北澤とどちらが防衛大臣なのかわからなくなります。





http://east.tegelog.jp/?blogid=24?catid=164&itemid=4320
第44普通科連隊長訓辞に関する処分問題について、防衛省の説明を受けた。防衛省の説明による「違反事実」は「幹部自衛官として、また部隊指揮官として、公の場において、政治や外交を軽視すると受け取られかねないような発言、及び首相発言を批難していると誤解を招くような発言したことは不適切であり、隊員たるにふさわしくない行為に該当」とのこと。出席議員の関心事は、まずもって、この訓辞の文面に何の問題があったのか、であるが、論点としては、
▽今回の処分の「違反事実」は何か?またどのような法令を根拠として処分したのか?
▽報道に拠れば、当事者は「首相の発言を引用したり、批判したわけではない」と、首相発言引用を否定したとされているが、事実はどうか。
どのような調査及び本人からの聴取が行われたのか
米軍との共同訓練の最中であり、調査及び聴取によって、訓練に支障はなかったのか、仮に調査及び聴取に時間を要した場合、代理者は立てたのか。仮に、共同訓練中に、連隊長不在となった場合、それこそ日米間の「信頼」が損なわれると考えるが。
今回の処分は、防衛大臣の感情が優先されたような感があるが、適正な懲戒手続きは為されたのか。このように2日で処分されるようなことはあるのか。
▽今回、文書による注意処分とされているが、「注意」は訓戒を行うまでには至らない、極めて軽微な規律違反とされており、これ以上の処分はないということで良いか。また懲戒ではなく、不定期異動や方面付きのような補職上の「処置」もないということで良いか。
また今回の事案に関し、北澤防衛相が「クーデターにつながる極めて危険な思想だ」と述べたことについては、12日の会見において、記者から訓辞の受け止め方を問われた際、北澤防衛相は「恐らく、本人もそういう意図的なものは全くなかったのだろうと思っております」と述べていることと矛盾している。また日米共同実働演習開始式で「同盟というものは、外交や政治的な美辞麗句で維持されるものではなく、ましてや信頼してくれなどという言葉だけで維持されるものでもない。両国の将兵がともに厳しい訓練で汗を流し、そして互いに戦術・戦闘技術を学びあい、お互いが信頼し尊敬しあう関係になってこそ初めて有効に機能するものである」との訓辞を聞いた米軍将兵たちから「日本ではこのような至極真っ当な訓辞が、クーデターに繋がると思われるのだ」いう「誤解を招くような」ことになりかねない



処分の理由とクーデターにつながるきわめて危険な思想なるものを
国会の場で明らかにしてもらいましょう。

ついでに最高司令官のハトさんにも聞いてみてください。
私は「同盟というものがよくわからない」に一票。

自称「人民解放軍の野戦司令官」にも聞いてみたいです。


小沢氏側に3000万円 胆沢ダム受注先 笠井氏、税金還流ただす
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/
2010-02-18/2010021801_02_1.html
民主党の小沢一郎幹事長の強い影響力が指摘されていた国土交通省直轄の「胆沢(いさわ)ダム」(岩手県奥州市)をめぐって2件の談合情報があり、その情報どおりの業者が落札していたことが17日、明らかになりました。日本共産党の笠井亮議員が衆院予算委員会で、取り上げたもの。笠井氏は、同ダム受注企業から政治資金収支報告書に記載されているだけで、約3000万円の献金が小沢氏側にあったことも示し、「税金の還流」疑惑など、小沢氏の政治的道義的責任を浮き彫りにしました。笠井氏の追及で明らかになったのは、胆沢ダムの堤体盛立(第1期)工事と原石山材料採取(第1期)工事について、国交省(地方整備局)の「公正入札調査委員会」に談合情報が寄せられ、審議対象になったにもかかわらず、情報どおりの業者が落札したことです。(表参照)笠井氏は、「業者側に動きが筒抜けだった可能性がある。国交省が(過去の談合事件で)定めた改善措置の事例に挙げた胆沢ダム本体工事で、談合の疑いがあるわけで看過できないはずだ」とのべ、専門の調査委員会を立ち上げ、調査に乗り出すよう求めました。前原誠司国交相は、「2回とも(情報どおり)落札しており、しっかり検証したい」とのべました。笠井氏は、東北地方整備局が2003~08年にかけて五つに分離発注した胆沢ダム本体工事の受注企業17社から小沢氏側が約3000万円の資金提供を受けていたことを指摘。「表に出ているだけでもこうした実態。億単位での裏献金疑惑もある。国民からみて許されないことだ」と厳しく指摘しました。笠井氏は、小沢氏の一連の疑惑について、政府として調査するとともに、党として自浄作用を発揮することを要求。菅直人副総理・財務相が、小沢氏は「不起訴」ということで一定のけじめだと考えているとのべたため、「今回明らかになった問題も含め、小沢氏には説明責任がある」と指摘。小沢氏はじめ起訴された3人の現・元秘書の証人喚問を求めました。



さすが確かな野党(笑)というだけのことはあります。
自民党も見習ってほしいですが、無理ですね?

なるほど売国不動産王は胆沢ダムを中止できないわけです。
表ざたになっただけでもこうですから
ウラではどんだけー状態でしょうね。













ポチッで救えるブロガーがいる。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2010/02/18 15:23 ] 小沢 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

malt vinegar

Author:malt vinegar
神奈川在住の男性。テレビはチャンネル桜、新聞は産経ネットビューしか見ない。そんな私も若いころは左巻き。未来は現在においてつくられる。

クリック募金
クリックで救える命がある。
カレンダー(月別)
07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
産経・読売ニュース
最新記事
中吊り
FC2カウンター