どこまでも、どこどこまでも、果ての果てまで、断固として、徹頭徹尾、徹底的に便所の落書きですよ。なんだか全体的に右に曲がっているように見えますけど、気にしないでくださいね。ただの癖ですから。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

情けない民主党 by朝日新聞

外国人選挙権―多様な社会への道を語れ
http://www.asahi.com/paper/editorial20100705.html
「国のかたち」をめぐる各党の主張の違いに注目したい、と産経新聞が6月28日付「主張」(社説)に書いている。その点には同感である。 特に、永住外国人に地方選挙での投票権を認めるか、否か。経済や外交で2大政党の違いが見えにくい中、日本を大きく分ける論点の一つだ。 参院選に向けたマニフェストや公約に、公明党、共産党、社民党が「実現を」と書き込んだ。反対を打ち出したのは自民党、国民新党、たちあがれ日本、みんなの党などだ。 情けないのは民主党である。マニフェストでは一言も触れていない結党時の基本政策で「早期実現」と掲げた同党は、政権交代後、鳩山由紀夫前首相や小沢一郎前幹事長が意欲を示した。ところが、連立を組む国民新党や地方議会から反対が起きた。党内にも否定的な声はある。菅直人首相は国会で「党の姿勢に変更はないが、様々な意見があり、各党の議論が必要」と答弁。小鳩両氏の退場もあり、急にエンジンが止まったかのようだ。 外国人登録者は220万人を超え、永住資格を持つ人は91万人。日本はすでに多様なルーツを持つ人で構成されている。地域社会に根付いた人に、問題解決や街づくりの責任を分かち合ってもらう。母国とのつながりは尊重しつつ、住民として地方選挙への参加を認めるのは、妥当な考え方だ。 政府の新成長戦略では、海外人材の受け入れ制度を検討するという。開かれた国に向け、外国人の住みやすい環境づくりは避けて通れない課題だ。 朝日新聞の4~5月の調査では賛成49%、反対43%。世論は割れている。であればこそ、議論を提起した民主党は、旗を出したり引っ込めたりせず、粘り強く説得を続けるべきだろう。 自民党などは、夫婦別姓と並び「国のかたちを壊す」政策だと、批判を強める。「保守対リベラル」の対立軸に位置づける狙いもありそうだ。 「離島が乗っ取られる」「安全保障に悪影響を及ぼす」といった反対論がある。だが、こうした見方は外国人の敵視や排斥を助長しかねない。内向きの防御論にしか聞こえない。 「憲法違反」との主張もある。しかし、1995年2月の最高裁判決は、憲法は外国人地方選挙権を保障も禁止もしておらず「許容」している、と判断したと読むのが自然だ。付与するかどうかは立法政策に委ねられている。 カネやモノ同様、ヒトも国境を軽々と越えゆく時代。日本はどんな社会をめざすのか。国や地域をかたちづくる構成員の資格や権利をどう定め、どれだけ移民に門戸を開き、多様性をコントロールしつつどう活力に変えるか。 政治家は、そうしたビジョンまで視野に入れて賛否を論じ合うべきだ。選挙権の問題は、入り口に過ぎない。



朝日のいう通りです。
マニフェストでは一言も外国人痴呆参政権に触れていない
民主党は情けない限り。

“日本を大きく分ける論点”であるならば、
マニフェストに載せて、堂々と国民に諮るべきです。
そのうえで国民が民主党を支持するのならしょうがないですが
裏口からこっそりと通そうとする民主党は
まるで盗人。


ところで、朝日によれば「離島が乗っ取られる」
「安全保障に悪影響を及ぼす」といった反対論は
“内向きの防衛論”だそうですが、

外向きの防衛論っていうのはどういうものでしょうか???

ひょっとして“日本列島は日本人だけのものぢゃない”っていうのが
外向きの防衛論なんでしょうか、朝日的には。

こんな新聞が“公称”とはいえ800万部も発行されているって
いうんですから、そりゃ日本も左傾化するだろうと。



スポンサーサイト
[ 2010/07/05 21:24 ] メディア | TB(0) | CM(0)

神奈川新聞がゴミを撒き散らかしています

消費税率引き上げ8割以上が「容認」、横商の市内企業調査/横浜
http://news.kanaloco.jp/localnews/
article/1006300004/
横浜商工会議所が会員企業を対象に実施した調査で、消費税率の引き上げを「容認できる」と回答した企業が8割以上に上った。「容認できる標準税率は」との質問に、「10%」とする回答が56・9%で半数以上を占めた。「7%」が24・5%、「15%」が4・8%だった。引き上げ反対と解釈できる「無回答」は9・3%にとどまった。引き上げの最適な時期は「2年後」が49・1%と最も多く、「4年後」が28・6%だった。法人税については79・2%の企業が「引き下げるべき」と回答。「厳しい財政状況下で引き下げの必要はない」とする企業は18・6%だった。佐々木謙二会頭は「財政が大変なことになる前に消費税率は上げなければならない。ただ、国際的にも異常に高い法人税率を下げるべきだ」としている。調査は税制改正要望を取りまとめるため4月28日~5月18日に実施。対象1500社のうち269社が回答した(回答率18%)




先日の東京新聞のバカ調査は自作自演でしたが
このかなしんの記事は他の機関が行ったゴミ調査を
マスゴミが拡大バカ解釈して、さらにゴミを広めるというパターン。

8割以上が引き上げ容認???????

調査対象1500社のうち、回答したのはわずか269社のみ。
この時点で調査としてかなり問題があります。

そのたった269社の8割は215社に過ぎません。
215社というのは、全体の1500社の14%です。

14%と80%、どちらが正しい割合でしょうか。

さらに、消費税引き上げ容認と回答した企業とほぼ同数が、
法人税引き下げについても賛成しています。

つまり、今回回答をした企業というのは
法人税引き下げという条件付きで
消費税引き上げを容認するというだけの話です。

回答をしなかった86%の企業は消費税引き上げに反対か
どちらでもないと考えるのが妥当でしょう。

ところが記事では、
「引き上げ反対と解釈できる『無回答』は9・3%にとどまった」

悪意に満ちた誘導か、それともただの無知か。

どちらにしてもこんな記事をタレ流す神奈川新聞には
存在価値はありません。



[ 2010/06/30 22:10 ] メディア | TB(0) | CM(0)

マスゴミの殿堂入り記事発表

お疲れ?菅首相言い間違え連発「G7」「イ・ミョンビャク
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/
KFullFlash20100628030.html
菅直人首相は27日夕(日本時間28日朝)、カナダでの一連の外交日程を総括する記者会見で言い間違いを連発し、慣れない外交とあって疲れをうかがわせた。「G7の議論」などと主要国の略称である「G8」を数回「G7」と発言。インドやインドネシアとの首脳会談に触れる中で「エマージング・カントリー(新興国)」と言うべきところを「エマージェンシー・カンパニー」と間違えた。また、口が回らないのか、韓国の李明博大統領の名前を「イ・ミョンビャク」、ロシアのメドベージェフ大統領を「メドメージェフ」と発言した。 (共同)




カンガンスもなかなかいい仕事をしています。
日本固有の領土を違法に占拠する2国の首脳を
コケにしました。

アキヒロをわざとミョンビャクと言い、
メドベージェフをメドメージェフ。

これはもちろん言い間違いではありません。
ミョンバクとミョンビャクのどっちがが言いづらいですか。
メドベージェフよりメドメージェフのほうが言いにくいでしょう?

領土問題の当てこすりでわざと言ったんですよ。
言ったはず、です。たぶん.......

エマージェンシーカンパニーとも協調します。
エマー....ジェンシー...カ、カ、カンパニー...?。
き、き、緊急会社?緊急?会社?仲間?
いつからインドが会社になったんだ??


[ 2010/06/28 18:03 ] メディア | TB(0) | CM(0)

一党独裁でも中国はいい政治

ハト山首相「鴻池氏に大きなスキャンダルが発生した。今のうちに辞めた方がいい」

ハト山首相「平野博文官房長官から報告を受け、法令違反したことはないと判明した。疑惑を招く行為だと中井氏本人も認めており、厳重に注意したと聞いた」

その前にハト山首相本人が不倫の末の略奪婚で
その尻拭いも母親任せのマザコン脱税総理に
他人に言う資格があるのかと。

一刻も早いハト退治を!

[ 2010/03/26 17:51 ] メディア | TB(0) | CM(0)

TBSの放送免許剥奪を

きのう風邪で寝込んでいたら知人から連絡がありまして、
あわててTBSをチェックしました。

地上波がごぞって日本地図を載せながら津波情報を
放送しているなかで、TBSだけがその日本地図に
対馬を載せていませんでした。

もうね、日本の放送免許を取りあげてもいいと思うんですよ。
そのかわり特別に半島で放送免許が取れるように取り計らって
あげたらどうでしょうか。

[ 2010/03/01 17:35 ] メディア | TB(0) | CM(0)
プロフィール

malt vinegar

Author:malt vinegar
神奈川在住の男性。テレビはチャンネル桜、新聞は産経ネットビューしか見ない。そんな私も若いころは左巻き。未来は現在においてつくられる。

クリック募金
クリックで救える命がある。
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
産経・読売ニュース
最新記事
中吊り
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。