どこまでも、どこどこまでも、果ての果てまで、断固として、徹頭徹尾、徹底的に便所の落書きですよ。なんだか全体的に右に曲がっているように見えますけど、気にしないでくださいね。ただの癖ですから。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日教組のドンが文科相!?

町村派のお家騒動深刻 森氏が「退会届」
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100903/
stt1009030021000-n1.htm
自民党最大派閥の町村派で「お家騒動」が起きている。8月の参院自民党議員会長選では、派のオーナー的存在の森喜朗元首相が同派所属の谷川秀善前参院幹事長を支持するよう引き締めを図ったが、若手の多くが造反し、次期会長候補の安倍晋三元首相も造反を支持したためだ。2日の幹部会は「手打ち式」になるどころか、森氏が派の退会届を出す事態に発展した。幹部会では森氏が、会長選で中曽根弘文元外相に敗れた谷川氏に「会長選に出たくないのに出てもらった。すまないことをした」と陳謝した。続けて、参院町村派を取りまとめる立場にあった鈴木政二参院議院運営委員長に「(谷川氏を支持した)額賀、古賀両派に顔向けできない!」などと激しくののしり、退会届をたたきつけた。安倍氏はこの間、「谷川氏は出たいのだ、と思っていた」などと、森氏を突き放すように発言した。森氏は過去も数回、退会の意向を表明し、慰留されて踏みとどまってきた。今回も町村信孝会長が慰留に努めているが、派の若手らは「派を出ても出なくても、派にとって意味はなくなった」と冷ややかな声が出ている。




さて、森にツッコム前にマスゴミにツッコミを。
自民党は“派閥”でミンスは“グループ”なのは
これ如何に?

派閥がダメで、グループはいいんですね?

これだけではありません。
2chで有名なコピペがあります。
スポンサーサイト
[ 2010/09/03 21:04 ] 民主党 | TB(0) | CM(9)

小沢か糠床か

首相に対抗、敗れたら離党も…代表選で異例発言
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/
20100823-OYT1T00955.htm
西岡参院議長は23日、国会内で臨時の記者会見を開き、9月の民主党代表選に関し、「(首相に)対抗する候補者は相当の覚悟が必要だ。首相を蹴(け)落とそうとするのだから、敗れた場合、党を去ることも選択肢に入る」と述べた。また「敗者に党の要職や閣僚ポストが与えられる仕掛けは茶番劇だ。政権政党が、甘っちょろい党内の陳腐な就職運動劇をしている余裕は断じてない」と指摘した。政府・民主党役員人事での処遇を期待した候補擁立の動きをけん制したものと見られるが、政党会派を離脱中の議長が政党の党首選に言及するのは極めて異例だ。西岡氏は民主党所属国会議員として代表選の投票権は持っているが、自身は代表選で「投票する考えはない」とも述べた。西岡氏は民主党出身で、旧自由党時代には、今回の民主党代表選で、菅首相の対抗馬として擁立論が出ている小沢一郎前幹事長と行動を共にした。23日の記者会見では、小沢氏の出馬の是非について自らの考えを明らかにしなかった。


代表選後の人事「挙党一致は茶番劇」西岡参院議長が批判
http://www.asahi.com/politics/update/0823/
TKY201008230431.html
西岡武夫参院議長は23日、国会内で記者会見し、9月の民主党代表選後に敗れた候補者を党の要職や閣僚ポストで処遇することについて「挙党一致でも何でもない、茶番劇である」と批判した。 西岡氏は現職首相の対抗馬として立候補することには「相当の覚悟が必要。現政権の理念と基本政策に異論を唱えるからには、党を去ることも選択肢に入る」と指摘。そのうえで代表選後の人事で党内融和を図ることを「政権党が甘っちょろい党内の陳腐な就職運動劇をしている余裕は断じてない」と強調した。 西岡氏は18日の朝日新聞のインタビューで「小沢さんが代表選で戦ってしまうというのがすっきりしている」と述べ、小沢一郎前幹事長の立候補を求めた。ただ、この日の会見では「小沢さんがどうだということではない」と一般論であるとした。一方、自らは参院議長として参院民主党会派を離脱中であることを理由に、「(代表選では)投票しない」と明言した。

[ 2010/08/24 21:28 ] 民主党 | TB(0) | CM(0)

天皇陛下のお言葉

天皇陛下のお言葉全文=臨時国会
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=
2010073000763
30日の臨時国会開会式での天皇陛下のお言葉全文は次の通り。

本日、第175回国会の開会式に臨み、参議院議員通常選挙による新議員を迎え、全国民を代表する皆さんと一堂に会することは、私の深く喜びとするところであります。ここに、国会が、当面する内外の諸問題に対処するに当たり、国権の最高機関として、その使命を十分に果たし、国民の信託に応えることを切に希望します。



天皇陛下を君主としていただく日本。
ほとんど変わらぬお言葉は様式美と言ってもいいでしょう。

国会初当選組もそのお言葉の重さをかみしめたはず。
ただし、民主、共産、社民の議員を除いては。


[ 2010/07/31 01:42 ] 民主党 | TB(0) | CM(0)

議院運営委員長ポストは自民か

菅“地獄”難題ズラリ…参院“イス獲り”で苦戦必至
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/
news/20100729/plt1007291620004-n2.htm
「ねじれ国会」の主戦場となる参院で、与野党が議長や常任委員長人事をめぐり激しい闘争を繰り広げているが、議長ポストは参院第一党の民主党が獲得する見通しとなった。ただ、17の常任委員会のうち16の委員会で委員長を含む全委員の過半数を野党が“占拠”する構成になりそうで、民主党にとって法案の採決どころか開会すら危ぶまれる悪夢が待ち受けている。「慣例に従い、第1党の民主党が取る」「いや、過半数を占めた野党で取る」「いやいや、第1党の民主党が取る」与野党の参院国対委員長会談では、連日のようにこんなやりとりが繰り返され、平行線をたどってきたが、30日召集の臨時国会直前でようやく着地点が見え始めた。民主党は28日、江田五月氏の後任の参院議長に西岡武夫議院運営委員長を推す方針を固め、野党側と調整に入ったのだ。29日に民主党の輿石東、自民党の尾辻秀久両参院議員会長が会談、決着を図る。新議長は30日の参院本会議で選出される見通しだ。副議長は尾辻氏、溝手顕正元国家公安委員長の名前が浮上している。参院議長ポストをめぐっては、参院選で民主「菅敗」の結果、自民党が改選第1党となり、与党は過半数を割り込んだ。このため、野党側は「直近の民意」を旗印に、議長ポストは野党側が獲得すべきとの強硬論が吹き荒れていた。しかし、民主、自民両党の水面下の交渉で、比較第1党の民主党が議院運営、予算両委員長のどちらかを自民に譲る。代わりに議長ポストは民主が確保する-という形で折り合う方向になった。予算委員会は国会論戦の花形、議院運営委員会は主に本会議の開催や内容を決める。どちらも国会運営の要といえる。とりわけ、議院運営委員長は重要だ。自民党国対幹部は「議長よりも議院運営委員長を取ることが“名を捨てて実を取る”ことになる。委員会で強行採決されたら『委員会運営が適切でなかった』として本会議を開かないこともできる」と強調する。政府提出法案が成立するまでの大まかな流れは、(1)本会議で趣旨説明(2)それぞれの常任委員会で質疑、採決(3)その後、本会議で採決、成立-という順序を衆参両院でたどる。最終的に、本会議が開かれなければ法案は採決できないわけで、過去には、ガソリン政局で、民主党が自民党の笹川堯議運委員長(当時)を委員長室に閉じこめ、本会議を開かせまいとピケを張ったことがあった。結局、笹川氏は窓から脱出したのだが、「もっとスマートに本会議開催を阻止できる」(自民国対幹部)ようになるわけだ。一方、民主党は議長ポストを獲得しても、法案成立の前段階となる常任委員会で綱渡りの運営を迫られる。委員数は基本的に議席に応じて比例配分され、会派間の協議で微調整する。単純計算では、議院運営委員会(25人)や予算委員会(45人)のほか、総務(25人)、内閣(20人)、厚生労働(25人)など、懲罰(10人)を除く16の委員会で与党は過半数を失う。野党が結束すれば、与党の国会運営はたちまち立ち往生しかねない。委員長も議席数に応じて主要会派に配分される。改選前に2だった公明が1に減る分、自民が6から7に増加、民主は9のままで変わらない。民主党の希望通りに委員長ポストが配分されても、委員の過半数を野党に握られている限り、冷や冷やものなのだ。このため、民主党の平田健二参院国対委員長は、「いつまでも手をこまぬいていない。多数派工作して(与党過半数割れを)ひっくり返すよ」と宣言したが、展望は見えないのが実情だ。ある民主党幹部は「与党の各委員長は野党の解任決議案におびえながら議事進行に当たらざるを得ない。野党は主要な委員長をあえて譲り、解任する『見せ場』をつくるのではないか」と危機感を吐露する。それだけに、民主党の細野豪志幹事長代理は21日の講演で「これから(全国規模の)国政選挙はしばらくない。自民党がその間、徹底的に政権を妨害すればポイントになるかというと、そうではない」と野党に自重を求めた。ただ、野党側は「(民主党の小沢ガールズ)三宅雪子(衆院議員)が転倒したときのような強行採決を連発したり、選挙のために論戦を避けるような運営を改めないと、どこも協力できない。立ち往生は必至だ」(自民党中堅)と手ぐすねを引いている。




どう転んでもおもしろい国会になりそうです。
NHKにはしっかりと中継をしてほしいものですね。

参院の状況は野党に有利とはいうものの
もし自民党が“野党民主党”と同じようなことをくり返せば
国民の信を失うでしょう。

“野党民主党”にはにもマスゴミのバックアップがありましたし、
今もしっかりと後押ししていますから。

日本の政治が1つ上のステージにいくことを祈っています。

[ 2010/07/29 20:30 ] 民主党 | TB(0) | CM(1)

江田五月よりはましだが

議長選の地ならし? 西岡氏、先の参院閉会を突然謝罪
http://www.asahi.com/politics/update/
0721/TKY201007210480.html
西岡武夫参院議院運営委員長(民主)が21日の理事会で「国会の最終日は努力不足で申し訳なかった」と謝罪した。先の通常国会は6月、民主党が会期末の参院本会議を開かずに閉会し、菅直人首相への問責決議案が採決されず廃案になった。野党は30日召集の臨時国会を前に、民主党に「反省」を求めていた。 民主党は臨時国会冒頭の参院議長選で、江田五月氏の後継候補に西岡氏を検討。これに対し自民党は「江田氏と連帯責任がある」と西岡氏にも反発しており、与党が過半数割れの参院で野党統一候補の擁立を探っている。 西岡氏の謝罪について、自民党は「西岡議長」実現に向けたパフォーマンスだと冷淡。党幹部の一人は「謝るぐらいなら最初からやらなければいい」と突き放した。




謝るぐらいなら最初からやらなければいい。

まあ、江田五月よりはよっぽどましですけどね。

[ 2010/07/22 18:57 ] 民主党 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

malt vinegar

Author:malt vinegar
神奈川在住の男性。テレビはチャンネル桜、新聞は産経ネットビューしか見ない。そんな私も若いころは左巻き。未来は現在においてつくられる。

クリック募金
クリックで救える命がある。
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
産経・読売ニュース
最新記事
中吊り
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。