どこまでも、どこどこまでも、果ての果てまで、断固として、徹頭徹尾、徹底的に便所の落書きですよ。なんだか全体的に右に曲がっているように見えますけど、気にしないでくださいね。ただの癖ですから。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日韓併合100年談話発表します

おわび」で緊密調整 来月の併合100年向け 岡田氏が韓国外相と一致
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/
100723/plc1007230118001-n1.htm
岡田克也外相は22日午後、韓国の柳明桓外交通商相とハノイ市内で会談し、来月の「日韓併合100年」に際して日本政府が植民地支配への「おわび」の意を示す方向で検討に入ったことを踏まえ、未来志向の関係強化につながるよう両国間で緊密に連携、意見調整していく方針で一致した。両外相は、今年が「両国にとってセンシティブ(敏感)な年」であるとの認識を確認した。韓国では併合100年を前に歴史認識問題をめぐる日本の対応に注目が集まっている。岡田氏は会談後、記者団に「併合100年に関し、さまざまな議論をした。過去だけでなくこれからの100年についての話もした」と述べ、柳氏との間で突っ込んだやりとりがあったことを示唆した。



8月29日、政府が韓国併合について
謝罪談話を発表することが既定路線となっています。

クダらない談話を政府が発表する前に
私が日韓併合100年に関する談話を発表します。


「日本の国家安全保障が理由だったとはいえ、日本が朝鮮を合法的に植民地支配をし、内乱から救い、教育を施し、インフラを整備し、経済を大きく発展させたものの、敗戦の結果、莫大な日本の資産を朝鮮に遺棄せざるを得なかったこと、未だに韓国が執拗に謝罪と補償を要求をしてくること、これらはすべて過去の日本政府の対応に問題があったためである。日韓併合100周年を記念して、あらためて、日本国民に多大なる損害と苦痛を与えたことを深く反省し、心よりお詫び申し上げる。同時に、戦時中においては何十万人もの朝鮮人が志願兵として日本人とともに勇猛果敢に戦い、尊い命を捧げられたことを称え、謹んで哀悼と感謝の意を表す次第である。日韓関係を一層発展させるために、いまこそ日韓両国民がしっかりと歴史の真実と向き合うべきときである」




スポンサーサイト
[ 2010/07/23 20:00 ] 韓国 | TB(0) | CM(0)

総理の判断は間違っている

政府は11日、外務省の記者会見で、中国胡錦濤国家主席の最有力後継候補とされる習近平国家副主席(56)が14日から3日間の日程で日本を公式訪問し、鳩山首相との会談、ならびに天皇陛下との会見を行うと発表した。習近平国家副主席と天皇陛下との会見は、15日に慣例を踏まずに急きょ決定した。この異例の会見に、国内で「政治的な利用」であるとの批判が高まっている。一方、中国側は、日本政府が天皇の儀礼原則を破り、習近平国家副主席を温かく接待することになったと報道、民主党政府が日米同盟を破滅への道に追い詰めながらも、中国に最高級の礼儀を提供することで、中国に親近感を示す姿勢であると大きく宣伝している。

「天皇陛下との会見の申請は(慣例では)1か月前までに行う」とする内閣の取り決めを破り、中国・習近平国家副主席との会見が設定されたことで宮内庁に危機感が広がっている。宮内庁・羽毛田長官は11日、記者会見で、天皇陛下の政治的利用につながるのではとの指摘に、「大きく言えばそういうことになる」と不快感を表明した。平野官房長官から直接、「ルールは理解するが、日中関係の重要性にかんがみ、ぜひ」と2度も電話で強く要請された経過を明かし、「陛下の国際親善は政治的な重要性や判断を超えたところにあり」、「天皇陛下の役割について非常に懸念すること」とつらい思いを語った。これに対して岡田外務大臣は、「1か月ルールは、陛下の健康を考えて設けられていると承知している。その陛下の健康に支障がないということで、今回の決定がなされた」と述べた。鳩山首相は11日、「諸外国と日本との関係をより好転させるためで、天皇陛下もできれば(会見)との話で、『政治利用』という言葉はあたらない」と述べたが、会見を特例的に実現するよう指示していたのは民主党の小沢幹事長で、首相側に会見実現を強く要請していたという。

一方、中国側の情報筋の話によると、天皇陛下との会見が実現できなければ、習近平副主席の面子(メンツ)を損なうことになるので、関係者が責任を問われることになる。そこで、民主党の小沢幹事長のルートを通して、鳩山首相に働きかけ、今回の会見が実現できたという。対外宣伝を趣旨とする中国の政府報道機関「中評社」12日の報道によると、中国側の関係者の話では、今回の会見は慣例を破っていることを中国側が自覚していながら、外交部王光亜副部長が今月初め、北京の日本大使館幹部に、習近平副主席の日本訪問の成功は、天皇陛下との会見が実現できるかどうかにかかっていると圧力を掛けた。それを受け、小沢幹事長が8日、鳩山首相に電話で、「面会しないといけない」と話したという。
http://www.epochtimes.jp/jp/2009/12/html/
d61646.html



民主党政権が発足してから3か月あまり。
日米関係、経済成長戦略のなさ、政権運営の無能ぶりにあきれ
マニフェスト、故人献金など悪辣な偽装に憤ってきたが
今回ばかりは、腹の底から怒りをおぼえる。

羽毛田宮内庁長官はただちに辞任することで
政府に抗議を行い
国民にことの是非を問うべきだ。


天皇陛下にとって、もっとも大事な、
いわばレーゾンデートルといってもいい
宮中祭祀を簡素化してまでも
ご負担を軽減しようとしているというのに、

ウイグル人弾圧で血ぬられた、
国家主席でもない習近平との謁見を
何の緊急性もないのに、ルールを無視して、
無理やりねじ込むとは何事だ。


このルール違反が、悪しき前例となり
今後の日本外交に大きな悪影響を及ぼし、
そして、皇室を軽んずるような風潮を助長することになる。

今回の中国側に対する異例で遺憾な譲歩によって
日本国はいったいどんなメリットを引き出したのか?

そこにあるのは民主党の党利党略だけで、
国益という概念がまったく抜け落ちている。


一方、魑魅魍魎が天皇陛下を政治利用しようと蠢くなかで
左翼や中共にとって皮肉なことに
比類なき天皇陛下の御威光が浮かび上がってくる。

なぜ社民党が今回の謁見に反対するのか。
天皇陛下の権威を認めたくないからにほかならない。

なぜ習近平は、そして中国は天皇陛下の謁見にこだわるのか。
天皇陛下の権威を認めているからにほかならない。



小沢氏、天皇陛下ご訪韓「結構なこと」 韓国は謝罪期待、政治利用に論議も
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/
091212/plc0912121837007-n1.htm
韓国訪問中の民主党の小沢一郎幹事長は12日午後、ソウル市内のホテルで記者団に対し、天皇陛下のご訪韓について「韓国の皆さんが受け入れ、歓迎してくださるなら結構なことだ」と語った。天皇陛下のご訪韓をめぐって日本政府は、過去の歴史問題に政治利用されることへの懸念や警備上の不安などから、「環境が整わない」として断ってきた経緯がある。日本国内には天皇ご訪韓の反対論も根強い。しかも、来年は日韓併合100年となる2010年の節目の年にあたり、韓国側のナショナリズムの高まりも予想される。韓国メディアなどでは来年に陛下のご訪韓が実現した場合、日本側に「過去をどう謝罪させるか」に関心を示す報道も散見される状況だ。李明博大統領は今年10月、鳩山由紀夫首相の韓国訪問に先立ち、「来年にも実現できれば」と表明し、天皇陛下のご訪韓に期待を示したことで韓国側で火がついた。李大統領は「(陛下のご)訪韓自体も重要だが、どういう形で訪問するかが重要だ」とも述べ、「謝罪と反省」など過去の清算を期待したものとも受け止められている。このため、“韓流ファン”を自認する鳩山首相も、日韓首脳会談後の記者会見では、陛下のご訪韓について、「簡単に『分かりました』といえない環境も理解してほしい」と否定的な考えを示している。ご訪韓を快諾したとも取れる小沢氏の発言は今後、日韓双方で論議を呼ぶ可能性がある。



中国の次は韓国となるのは必然の流れだろう。
そして他にも順番待ちをしている国がある。

いつまで謝り続ければならないのか。
いつまで清算を続けなければならないのか。
いったいいつ「許してもらえる」のか。

答えは簡単だ。
いくら謝ろうが金を出そうが何十年たとうが
「許してもらえる」わけではない。

政府はその現実を直視し
国民が自尊心を失うことのないように
耐えがたきを耐えながら
目の前の圧力に屈することなく
しっかりと問題に対処し
守るべきものは守らなければならないのだ。

それが国民に対する、
そして先人に対する、
この国の未来の世代に対する責任だ。









ポチッで救えるブロガーがいる。
人気ブログランキングへ
[ 2009/12/14 17:15 ] 皇室 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

malt vinegar

Author:malt vinegar
神奈川在住の男性。テレビはチャンネル桜、新聞は産経ネットビューしか見ない。そんな私も若いころは左巻き。未来は現在においてつくられる。

クリック募金
クリックで救える命がある。
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
産経・読売ニュース
最新記事
中吊り
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。